マイクロメイツ、「Microsoft Formsの活用支援コンテンツ」を提供開始

〜手軽にアンケートやテストを実施できる“Forms”の活用をより多くのユーザーに〜

 

 TISインテックグループの株式会社マイクロメイツ(本社:東京都港区、代表取締役社長:羽方聡、以下マイクロメイツ)は、「Office365定着化支援サービス」のノウハウをもとにした「Microsoft Forms(以下 Forms)の活用支援コンテンツ」(スタートアップガイドおよび FAQ)を提供開始することを発表します。

 マイクロメイツの「Office365定着化支援サービス」は、Outlook/Outlook on the Web/Skype/Teamsなどの使用頻度の高い機能を中心に、ユーザー向けのドキュメント、研修トレーニング、へルプデスクを提供し、過去3年間で100社以上に導入されています。

 Formsは、Office365に含まれる機能で、アンケートや「クイズ」と呼ばれるテスト問題を簡単に作成・実施・集計できるツールです。マイクロメイツ社内でも、全社向け行事の出欠確認、研修受講者アンケート、簡単なeラーニングなど社内伝達手段の一つとしてFormsを積極的に活用しています。以前は主にメールで行っていたこれらの業務をFormsに置き換えることで、フォーム作成や結果出力などを容易に行えるようになり作業時間の短縮につながりました。また、回答を選択肢形式にすることで、回答者の負担を減らすだけではなく、発信者側も集計・分析しやすくなるというメリットがあり、マイクロメイツでは多くの社員が活用しています。

 この度、社内での実践事例と「Office365定着化支援サービス」のノウハウをもとに、Forms利用開始時に必要な情報を盛り込んだスタートアップガイドおよびFAQを制作しました。

 当コンテンツの導入により、すぐにでもFormsを活用することが可能となります。また、機能概要や注意点を直感的に理解できるよう簡潔にまとめられているため、まだFormsを使用したことがない方にも「自分にも使えそうだ」「こんな業務にも役に立ちそうだ」といった気付きを与え、Office365のさらなる利活用による業務効率化にも期待できます。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0505254_01.pdf