大日本印刷とDNPフォトイメージングジャパン

写真プリントと写真データをその場で提供できるシステムを発売

イラストやロゴなどの入ったオリジナルのフレーム画像が合成可能

 

 大日本印刷株式会社(以下:DNP)とグループ会社の株式会社DNPフォトイメージングジャパンは、観光地やイベント会場等における撮影業者やフォトスタジオ向けに、撮影した写真データにフレーム画像を合成し、写真プリントと写真データの両方を販売できる「撮影サービス向け画像合成プリント&データ販売システム PD」を2月に発売しました。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

【「撮影サービス向け画像合成プリント&データ販売システム PD」の開発の背景】

 スマートフォン等が普及し、写真をデータで保有することが一般的となるなかで、撮影業者やフォトスタジオでプロが撮影した写真を、プリントだけでなく、データとしても保有したいというニーズが高まっています。また、オリジナリティのあるロゴや文字、イラストなどの画像と撮影した写真が合成されたデータを、生活者がSNS等に投稿・拡散することによって、観光地や企業ブランド、商品のプロモーション効果も期待できます。こうしたニーズに対して、DNPとDNPフォトイメージングジャパンは、「撮影サービス向け画像合成プリント&データ販売システム PD」を通じて、写真プリントの提供のみではなく、スマートフォンで簡単に写真データを取得できるサービスの支援を開始します。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0505248_01.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0505248_02.pdf