TISとDataMeshがMR(複合現実)技術活用のビジネスで協業

〜製造業・サービス業などの現場トレーニングや保守点検業務での活用に向けて、中国で共同マーケティングを開始〜

 

 TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:桑野 徹、以下 TIS)と、DataMeshグループ(以下:DataMesh)の日本法人であるDataMesh株式会社(本社:東京都中央区、代表:王 暁麒、以下:DataMesh Japan)は、現実空間とバーチャル空間を融合させて3Dの立体映像を映し出すMR(Mixed Reality:複合現実)技術を活用したビジネスで協業することを発表します。

 協業の第1弾として、DataMeshの本社である北京商詢科技有限公司(本社:中国北京市、以下:北京DataMesh)とTISの上海現地法人 提愛斯数碼(上海)有限公司(本社:中国上海市、以下:TISI上海)が戦略的パートナシップ契約を締結し、製造業・サービス業などでの現場トレーニングや保守点検業務でのMR技術活用に向けた共同マーケティングを中国で開始します。

 共同マーケティングでは、TISI上海が製造業・サービス業を中心に「工場の現場作業員向け実地作業トレーニング」や「遠隔地からのベテラン作業員からの指示のもと精度の高い保守点検作業業務」の新たな解決策として、DataMeshの3Dトレーニング教材の作成・視認ソリューション「DataMesh Director」などを提案し、ニーズ発掘と製品テストを行います。

 北京DataMeshは、中国および日本の市場でMRソリューションの展開と受注開発を行っており、TISI上海の提案活動の技術的なサポートを担います。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0505143_01.pdf