楽天、関西地域における「Rakuten EXPRESS」の配送エリアを拡大

- 京都府が「Rakuten EXPRESS」の配送対象エリアに -

 

 楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)は、本日、運営する配送サービス「Rakuten EXPRESS」の配送エリアを大阪府高槻市、枚方市、寝屋川市、交野市、三島郡島本町および京都府城陽市、京田辺市、八幡市、久世郡久御山町、乙訓郡大山崎町に拡大しました(注1)。

 「Rakuten EXPRESS」では、楽天グループで生活用品や日用品のECサービスを提供する「Rakuten Direct」および「楽天ブックス」の商品と、「楽天市場」出店店舗を対象とする物流サービス「楽天スーパーロジスティクス」で受託する一部の荷物を配送しています(注2)。対象エリアは、東京23区内と東京都19市(注3)、千葉県4市(注4)、神奈川県横浜市・川崎市(注5)、埼玉県の一部地域(注6)、大阪府および京都府の一部地域(注7)で、今後も順次拡大予定です。

 楽天は、EC物流の健全化を目的に「楽天市場」における包括的な物流・配送サービスを構築する「ワンデリバリー」構想を掲げており、今回の「Rakuten EXPRESS」の配送エリア拡大もその一環となります。

 (注1)これにより、「Rakuten EXPRESS」の配送エリアの、国内人口におけるカバー率は、約20%となります。

 (注2)大阪府では、「Rakuten Direct」および「楽天ブックス」の商品を配送しています。対象商品は、今後順次拡大してまいります。

 (注3)東京都府中市、調布市、西東京市、三鷹市、小平市、日野市、武蔵野市、立川市、多摩市、国分寺市、小金井市、稲城市、狛江市、国立市、東村山市、東大和市、清瀬市、東久留米市、武蔵村山市

 (注4)千葉県市川市、船橋市、浦安市、松戸市

 (注5)神奈川県横浜市鶴見区、神奈川区、南区、中区、西区、保土ヶ谷区、戸塚区、金沢区、港南区、磯子区、栄区、港北区、青葉区、都筑区および川崎市中原区、川崎区、幸区、高津区、多摩区、宮前区、麻生区

 (注6)埼玉県さいたま市大宮区、緑区、中央区、浦和区、桜区、南区、および川口市、草加市、戸田市、蕨市、所沢市、新座市

 (注7)大阪府大阪市24区、堺市、高槻市、枚方市、寝屋川市、交野市、三島郡島本町および京都府城陽市、京田辺市、八幡市、久世郡久御山町、乙訓郡大山崎町

【「Rakuten EXPRESS」について】 https://express.rakuten.co.jp/

 「Rakuten EXPRESS」は、楽天の運営する配送サービスです。楽天グループで日用品のECサービスを提供する「Rakuten Direct」、「楽天ブックス」および「Rakuten BRAND AVENUE」の商品に加え、「楽天スーパーロジスティクス」で担う「楽天市場」の出店店舗の一部商品を対象に、関東エリアでは東京23区、東京都19市、千葉県、埼玉県、神奈川県の一部地域、関西エリアでは大阪府および京都府の一部地域で配送サービスを展開しています。再配達においては、24時までの時間指定に対応するほか、不在再配達を減らす取り組みとして、住宅敷地内への置き場所指定配達「置き配」にも対応しています。

 *参考画像は添付の関連資料を参照

【「ワンデリバリー」構想について】

 楽天は、「ワンデリバリー」構想を掲げ、EC店舗向け総合物流サービス「楽天スーパーロジスティクス」や配送サービス「Rakuten EXPRESS」などの自社物流機能の強化に取り組んでいます。物流・配送の効率化に取り組み、EC店舗に効率性の高い保管・出荷サービスを提供することで、安定したEC店舗運営に寄与します。また、「楽天市場」において、配送追跡情報の通知機能や置き配サービス、当日配送サービス(年内導入予定)などユーザーにとって利便性の高い配送サービスを提供することで、より多くのお客様にご利用いただける魅力的なマーケットプレイスを実現してまいります。

【「楽天スーパーロジスティクス」について】 https://logistics.rakuten.co.jp/

 「楽天スーパーロジスティクス」は、「楽天市場」の出店店舗の商品の保管から出荷までを楽天が一括で担う総合物流サービスです。きめ細かなオペレーションで、入荷から配送まで高品質な物流サービスを提供します。物流業務をアウトソーシングすることで、店舗様は、商品企画や販売促進といった業務に集中することができます。

以上

 ※ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0505058_01.JPG