IoT 向け運用管理を最適化する「JP1 for IoT」を販売開始

効率的なIoT デバイスのセキュリティ対策や稼働管理を支援する「JP1 for IoT‐デバイス管理」などによりIoT システムの安定稼働を実現

 

 株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)は、このたび、IoT 向けに運用管理を最適化する「JP1 for IoT」を3 月15 日から販売開始します。「JP1 for IoT」は、日立の長年にわたるIT 分野とOT(*1)分野の実績に加え、社会インフラや基幹業務システムを支えてきた統合システム運用管理「JP1」の技術やノウハウを生かした製品およびサービス群です。具体的には、今回、IoT デバイスの効率的なセキュリティ対策や稼働管理を支援するサービス「JP1 for IoT‐デバイス管理」と工場設備などにおけるUSB および端末の不正接続を監視するアプライアンス製品を提供します。

 「JP1 for IoT‐デバイス管理」は、さまざまな設置環境のIoT デバイスのセキュリティ対策状況や接続状態などをふかん的に可視化し、リモートからセキュリティアップデートの一括実行(*2)や不具合発生の自動通知などを可能とするものです。これにより、IT 部門だけでなく、IoT の活用を推進する設備管理部門やデジタルサービス提供部門は、デバイスの設置から運用、交換・廃棄といったライフサイクルを通した効率的なセキュリティ対策や稼働管理が可能となり、IoT システムの安定稼働を実現できます。

 *1 OT:Operational Technology(制御技術)

 *2 2019 年度上期から順次提供開始予定。

 近年、デジタルトランスフォーメーションの進展を背景に、センサーやカメラなどのIoT デバイスをネットワークに接続し、これらのデータを活用した工場の生産性向上やデジタルサービス創出などのニーズが高まっています。それを受けて、実証実験により、データ活用の有効性を検証する企業が増えています。一方、IoT デバイスのネットワーク接続においては、サイバー攻撃やウィルス感染などにより、大規模な障害や情報漏えいなどの事故につながるリスクも想定されます。そのため、実証実験から本番業務への適用に向けて、IoTデバイスのライフサイクルを通した適切なセキュリティ対策や稼働管理などを容易に実施する仕組みが求められています。

 今回販売開始する「JP1 for IoT」は、日立の長年にわたるOT 分野の実績やIT 運用管理ソフトウェアを社会インフラや基幹業務システムに適用してきたノウハウに加え、パートナー企業とのIoTデバイスの運用自動化に向けた技術検証などを反映したものです。「JP1 for IoT‐デバイス管理」では、IoT デバイスの状態を利用者の目的にあわせて、設置場所やネットワークなどの単位でグループ化し可視化(*3)できるため、全体をふかん的に捉えることができます。また、各種IoT 向けクラウドサービスなどと連携したID・パスワード設定やソフトウェア更新、廃棄時の設定消去(*2)といったセキュリティ対策を一括して実行できるほか、不具合発生時の警告や内蔵電池など消耗部品の残量といった通知を自動的に受け取ることができるなど、IoT システムの安定稼働を効率的に実現できます。

 なお、今回同時に、従来から提供してきた、工場設備などにおけるUSBおよび端末の不正接続を監視するアプライアンス製品を、「JP1 for IoT‐NX UsbMonitor」と「JP1 for IoT‐NX NetMonitor」として販売開始します。

 *3 インテリジェント統合管理基盤「JP1/Integrated Management 2」を活用。

 日立は、株式会社ソラコムのIoT デバイス向けアプリケーションとの連携をさらに強化するとともに、インテル株式会社のIoTデバイスの設置プロセスを容易化する技術(*4)や、ぷらっとホーム株式会社のIoTゲートウェイと連携したセキュアな運用の自動化などについて技術検証をそれぞれ進めていきます。

 今後も日立は、これら各種パートナー企業およびお客さまとの協創を推進し、デジタルイノベーションを加速するLumada を支える製品およびサービス群として「JP1 for IoT」を拡充していきます。

 *4 インテル(R)セキュア・デバイス・オンボード

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0504928_01.pdf