Sansan、帝国データバンクとの共同研究を開始

〜包括提携に加え、新たに共同研究契約を締結〜

 

 Sansan株式会社(以下、Sansan)は、株式会社帝国データバンク(以下、TDB)と2016年10月の包括提携に基づき、名刺情報と企業情報の連携を進めて参りましたが、その一環として新たに共同研究契約を締結し、企業間の取引・人脈ネットワークの分析をテーマとした共同研究を開始することを発表します。

 ※ロゴは添付の関連資料を参照

■背景

 これまで営業活動やマーケティング活動は、個人の経験などによって属人的に行われてきました。

 しかし、近年ではクラウド名刺管理や、顧客管理システム(CRM)、営業支援システム(SFA)のような営業活動とテクノロジーを掛け合わせた、セールステックを活用し、自社が保有する人脈や過去の営業履歴などのデータを活用し、効率的に活動をすることが可能となりました。そんな中、企業では自社で保有するデータをいかに最適化させて生産性や売り上げを向上させるかが重要となっています。

■本共同研究について

 Sansanのデータ統括部門であるDSOC(Data Strategy & Operation Center)は、TDBの研究開発部門である総合研究所と、取引ネットワークの性質が名刺でつながる人脈と近い性質を持っていることに着目し、「企業間の取引・人脈ネットワークの分析」をテーマとした共同研究を開始します。

 これまでTDB総合研究所は、自社の収集した企業間取引データをもとに、取引ネットワークの観点から企業活動のライフサイクルや経営状況の予測、日本の産業行動や地域経済に関する高度な実証研究を複数の大学とともに行ってきました。

 また、DSOCでは、名刺データ(注1)を統計的に分析することにより、営業戦略としてターゲット企業の意思決定者との名刺交換状況や、営業をよく受ける傾向のある担当者の傾向を明らかにしてまいりました。

 本共同研究により、営業などの企業間の接触がどのように取引につながっていくのか、などについて明らかにすることで、企業の営業活動やマーケティング活動に新しい価値を提供するサービスの検討や、日本経済のさらなる発展に寄与する知見を発掘・提供することを目指します。

 注1:Eightサービス利用規約の許諾範囲内で、匿名化したデータを統計的に利用しています。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ロゴ

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0504821_01.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0504821_02.pdf