トプコンとオートデスク、戦略的パートナーシップを締結!!

建設・土木業界向けのワンストップ ソリューションを提供

 

 株式会社トプコン(本社:東京都板橋区、代表取締役社長:平野 聡)と、オートデスク株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:織田 浩義)は、建設・土木分野における「働き方改革」の実現に向け、戦略的パートナーシップ契約(インディペンデント・ソフトウェア・ベンダー バンドル契約)を締結しました。

 建設・土木分野向けソフトウェアを世界中で提供しているオートデスクとポジショニング機器(測量機器やICT建機)の世界的シェアを持つトプコンが、ハード/ソフトまたクラウドサービスを一体化した建設・土木向けワンストップ ソリューションを提供します。これにより、導入からトレーニング、サポートまでが体系化され、建設現場での作業効率が大幅に向上するだけでなく、デジタルデータを活用した施工管理が更に推進され、業務全般のトータルな「生産性の向上」を実現します。

 近年、建設・土木分野では、国土交通省が、3次元データを一気通貫で活用することにより、工事プロセス全体の生産性向上を図り、魅力ある建設現場を目指す「i-Construction(アイ・コンストラクション)」を推進しており、建設現場の生産性を2025年度までに2割向上を目指す方針が示されています。

 また、建築分野においてもデジタルモデルを活用する「BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)」を軸とする新しいワークフローを目指し、BIMガイドラインが公開され、試行プロジェクトが進められています。

 今回のパートナーシップ締結により、これまで建設プロジェクトにおける課題であった設計データと施工現場でのデータ連動のギャップの解決や作業者間の3次元モデルを活用したコミュニケーションや設計変更等のタイムリーな共有などが実現します。

 トプコンとオートデスクは、全国規模でのBIMおよびCIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)の普及の促進、また国土交通省が提言する「2025年までに建設現場での生産性の2割向上」、さらには図書管理、品質管理や保守維持管理分野においても 建設・土木分野における「生産性の向上」、「働き方改革」の実現を目指します。

 ※ i-Constructionは、国土交通省国土技術政策総合研究所の登録商標です。

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0504811_01.pdf