オーシャンブリッジ、ファイルサーバーをWebポータル化する文書共有ソリューション「Brava for FileServer」の最新版をリリース

〜Windows Server 2016に対応、HTMLビューアの機能を強化〜

 

 株式会社オーシャンブリッジ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中田明、以下オーシャンブリッジ)は、企業内のファイルサーバーに保存された各種文書・図面・画像ファイルを、フォルダ構造をそのままWebポータルへ変換する文書共有ソリューションの最新版「Brava for FileServer 16.3.3.1」(ブラバ フォー ファイルサーバー 16.3.3.1)を本日リリースし、販売を開始しました。

 最新版ではサーバーOSとしてWindows Server 2016に対応したほか、HTMLビューアの表示機能の強化によるユーザビリティが向上しています。また、全文検索が可能となる検索エンジンを標準で搭載し、ファイルサーバー上にある大量の文書の中から指定した文字列を含む文書を簡単に検索し、ヒットした結果をBrava ビューアで高速に表示できるようになりました。

■「Brava for FileServer 16.3.3.1」の新機能および強化点

◇Windows Server 2016に対応

 サーバーOSとして、Microsoft Windows Server 2016をサポート対象に追加しました。また、Officeファイル変換に使用するアプリケーションとして、Office 2016(32bit)をサポート対象に追加しました。

◇スマートUI

 HTMLビューアの表示種別に「スマートUI」を追加しました。見た目にわかりやすく、直観的に、様々なデバイスで共通してご利用いただけます。

 ※参考画像(1)は添付の関連資料を参照

◇標準機能として全文検索エンジンを実装

 従来は、別途検索エンジンをご用意いただく必要がありましたが、最新版では全文検索が可能となる検索エンジンを標準で搭載しました。これにより、ファイルサーバー上にある大量の文書の中から指定した文字列を含む文書を簡単に検索し、ヒットした結果をBravaビューアで高速に表示できるようになりました。

 ※参考画像(2)は添付の関連資料を参照

 その他の新機能・強化点についてはWebサイトをご覧ください。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像(1)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0504806_01.jpg

参考画像(2)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0504806_02.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0504806_03.pdf