大日本印刷とDNPコミュニケーションデザイン

企業のLINE公式アカウントを活用したマーケティング支援サービスを開始

チャットボットで集まった生活者の行動を見える化

 

 大日本印刷株式会社(以下:DNP)と、その100%子会社で企業の総合的なマーケティング施策等を行う株式会社DNPコミュニケーションデザインは、LINE公式アカウントのMessaging APIを活用した自動会話プログラム(チャットボット)を用いて、生活者のニーズに合わせて企業の情報を発信する「DNP Chatbot(チャットボット)プラットフォーム」*1を提供しています。

 今回新たに、LINEにおけるユーザーの行動を可視化し、経営の意思決定に役立てるビジネスインテリジェンス(BI)解析機能を加え、3月4日にサービス提供を開始しました。企業内に蓄積される多様なデータを統合・分析し、ビジネス上の意思決定に活用するBI機能を提供することで、ユーザーの行動や顕在・潜在的ニーズをいち早くとらえ、素早いマーケティング施策を支援します。

 本追加機能は、DNP Chatbotプラットフォームを導入している外資系自然派化粧品ブランド、ロクシタンジャポン株式会社で先行利用されており、その結果や意見等を踏まえて改良を加え、サービス化したものです。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0504611_01.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0504611_03.pdf