サイネージ導入から運用までトータルに支援するBPOソリューション「All In Oneサイネージ」の提供開始について

 

 株式会社NTTフィールドテクノ(代表取締役社長:猪俣 貴志、以下、NTTフィールドテクノ)は、2019年3月5日(火)より、”デジタルサイネージお客様センター”を立ち上げ、デジタルサイネージの導入から運用までトータルに支援するBPO(※1)ソリューション「All In Oneサイネージ(※2)」(以下、本ソリューション)の提供を開始します。

 NTTフィールドテクノは、本ソリューションの提供を通じ、企業や自治体のお客さまが、高機能なデジタルサイネージを簡単に、より多様な用途へ活用し、お客さまの企業価値向上ならびに地域活性化・災害対策のための情報基盤などを実現されることへ貢献します。

 ※1 BPOとはお客さまの業務プロセスの一部を継続的に外部の専門的な企業に委託することです。

 ※2 「All In Oneサイネージ」は商標出願中です。

1.背景

 デジタルサイネージは、2020年に向けたインバウンド需要などを踏まえ、公共空間における情報伝達メディアとしてその重要性がますます増しています。一方、多言語対応やAIを活用したインタラクティブ・コンシェルジュ機能など、デジタルサイネージの高機能化が進み、導入運用業務に必要となるスキルが高度化・複雑化していることから、当該導入運用業務のアウトソーシングニーズが非常に高まっています。

 NTTフィールドテクノでは、このような業務アウトソーシングニーズへいち早く応えるため、デジタルサイネージ向けコンテンツ配信事業のリーディングカンパニーであるピーディーシー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中 真吾)と連携し、デジタルサイネージの導入から運用サポートまでの業務をトータルに支援代行する本ソリューションを提供することといたしました。

 本ソリューションでは、ピーディーシー株式会社が有するさまざまなインタラクティブコンテンツ機能と、NTTフィールドテクノが有するICT機器の導入・保守・運用サポート機能を融合することで、お客さまによる多様なサイネージ活用と、災害に強く地域に密着した保守運用を共に実現し、利便性が高く、より安心なデジタルサイネージの利用環境をご提供いたします。

2.本ソリューションの特長

(1)サイネージ導入から保守、コンテンツ運用までのトータルなBPOソリューション

 導入時のコンサルティングから運用・効果測定に至るまで、デジタルサイネージの活用に必要とされる機能をワンストップでトータルに提供します。

 *参考画像は添付の関連資料を参照

(2)多彩なインタラクティブコンテンツや緊急時の災害情報コンテンツ

 多言語対応の対話型案内サービスや災害情報コンテンツ配信、人感センサーや顔認証、AR技術等のデバイスとの連携など多彩なコンテンツにより、お客さまの目的に応じた効果的な活用を支援します。

<イメージ例>

 *添付の関連資料を参照

(3)24時間365日対応のデジタルサイネージお客様センター

 24時間365日対応可能なお客様センターでの保守受付や監視(※3)と、デジタルサイネージ設置場所への駆けつけ等を提供し、システムの安定稼働をサポートします。

 ※3 監視はあらかじめ定められた時間に状態を確認する定点監視となります。

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0504204_01.jpg

イメージ例

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0504204_02.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0504204_03.pdf