2019年1月パーソナルコンピュータ国内出荷実績

 

<パーソナルコンピュータ国内出荷 1月の概況>

 ○出荷台数は56万2千台(前年比127.3%)となった。うちデスクトップ:12万台(同101.9%)、ノート型:44万2千台(同136.5%)であった。ノート型比率は78.7%であった。

 ○出荷金額は566億円(前年比130.5%)となった。うちデスクトップ:124億円(同106.8%)、ノート型:442億円(同139.1%)であった。

 1月は、法人向けが好調であったことが牽引し、3カ月連続で台数・金額ともに前年比二桁伸長となった。

<調査対象>

 ・2018年度 自主統計参加会社:アップルジャパン(株)、NECパーソナルコンピュータ(株)、セイコーエプソン(株)、Dynabook(株)(2019年1月1日付、東芝クライアントソリューション(株)より社名変更)、パナソニック(株)、富士通クライアントコンピューティング(株)、(株)ユニットコム、レノボ・ジャパン(株) 計8社

 

 ※表資料は添付の関連資料を参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

表資料

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0503794_01.jpg