「楽天ペイ(アプリ決済)」、ドラッグストア「薬王堂」で利用可能に

 

 楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)は、運営するスマホアプリ決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」が、株式会社薬王堂(本社:岩手県紫波郡、代表取締役社長:西郷 辰弘、以下「薬王堂」)が東北6県で運営するドラッグストア「薬王堂」全264店舗(注1)で2019年3月1日(金)より利用可能となることをお知らせします。

 「楽天ペイ(アプリ決済)」は、楽天会員であれば簡単に登録済みクレジットカードを連携して利用開始でき、スマホアプリで支払いができるサービスです。利用者はレジでお会計をする際、スマホに表示したバーコードを読み取ってもらうことで決済が可能となります。「楽天ペイ(アプリ決済)」を利用することで、ポイント総合満足度No.1(注2)の楽天グループのポイントプログラム「楽天スーパーポイント」を貯めたり、支払いに使ったりすることもできます。さらに、支払い元となるクレジットカードを「楽天カード」に設定すると、「楽天ペイ(アプリ決済)」(200円につき1ポイント)と「楽天カード」(100円につき1ポイント)のそれぞれのポイントを貯めることができます(注3)。

 薬王堂は、「楽天ペイ(アプリ決済)」を導入することで、決済手段の多様化によるお客様の利便性向上を図ると同時に、キャッシュレス化による店舗運営の効率化を推進していきます。

 楽天は今後も、「楽天ペイ(アプリ決済)」が利用できる場所を拡大し、より身近で便利にキャッシュレス決済を体験いただけるよう、サービスの向上を図ってまいります。

 (注1)2018年11月末時点の店舗数です。

 (注2)出典:ポイントに関する調査、有効回答=1,000、インターネット調査、2018年10月、実施機関:マイボイスコム

 (注3)ポイント付与金額はすべて税込価格です。

◆サービス概要

 ■サービス開始日:2019年3月1日(金)

 ■対象店舗:東北6県で展開する「薬王堂」全264店舗

  ・内訳:岩手県97店舗、青森県38店舗、秋田県37店舗、宮城県63店舗、山形県27店舗、福島県2店舗(2018年11月末時点)

 ■概要:ドラッグストア「薬王堂」で、スマホアプリ「楽天ペイ(アプリ決済)」による決済が可能になります。「楽天ペイ(アプリ決済)」を利用すると、楽天グループのポイントプログラム「楽天スーパーポイント」を貯めたり、使ったりすることができます。支払い元となるクレジットカードが「楽天カード」であれば、「楽天ペイ(アプリ決済)」(200円につき1ポイント)に加え、「楽天カード」(100円につき1ポイント)のポイントも貯めることができます。

 ■支払いフロー:

  *添付の関連資料を参照

【「楽天ペイ(アプリ決済)」について】

 「楽天ペイ(アプリ決済)」は、クレジットカードを登録して、スマホアプリで簡単に支払いができるサービスです。利用者は、対象店舗でお買い物の際、店舗のタブレット端末に表示されるQRコードや印刷されたプリント型QRコードをスマホアプリで読み取る、または、スマホアプリにQRコード・バーコードを表示させて店舗側に読み取ってもらうことで、お支払いが可能となります。本サービスをご利用いただくことで、「楽天スーパーポイント」を貯めたり、支払いに使ったりすることもできます。「楽天ペイ(アプリ決済)」は、数あるQRコード決済サービスの中でも、国内利用者数No.1のサービスです(注)。

 (注)QRコード決済利用実態調査、有効回答=1,200、2018年1月、インターネット調査、調査主体:楽天、調査実施機関:インテージ

以上

 ※ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

支払いフロー

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0503429_01.jpg