自動運転向け高精度3次元地図

「ダイナミックマップ」に関する実証実験を実施

〜MECを活用して、高精度3次元地図の測量作業を効率化〜

 

 ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)とダイナミックマップ基盤株式会社(以下「DMP」)は、自動運転や安全支援システムの中核を担う高精度3次元地図「ダイナミックマップ(※1)」に関する実証実験を、2019年1月中旬に実施しました。

 今回実施した実証実験では、高精度3次元地図製作用のレーザー・カメラ・システムを搭載した車両で公道を走行し、走行した道路の3次元情報を取得して、測定データをセキュアなソフトバンクの閉域網内のMEC(※2)サーバー上で処理・逐次解析することで、遮蔽物などによって正確に測定できなかった地図情報について、走行中の車両内や遠隔地で準リアルタイムに確認することができました。これによって、正確に測定できなかった場所をすぐに特定できるため、高精度3次元地図の測量作業を効率的に進めることができます。今回の実証実験は4G環境で実施しましたが、今後5Gを活用することで、高精度な3次元地図情報の実現とリアルタイム性の向上などが期待できます。

 自動運転の実現に向けて、車両が安全に走行するために、交通規制や道路の高さ制限などの情報をリアルタイムに認識することが可能な「ダイナミックマップ」が必要とされています。今後、ソフトバンクとDMPは、将来の自動運転時代に向けて、5Gを活用したリアルタイムな地図生成などの実現性を共同で検討していきます。

 [注]

  ※1 自動走行や安全支援システムの実現に向けて、中核を担う重要な要素として、静的情報、準静的情報、準動的情報、動的情報を組み込んだデジタル地図

  ※2 Multi-access Edge Computing:端末から近い位置にデータ処理機能を配備することで、通信の最適化や高速化をすることができる技術

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0503370_01.pdf