楽天、次世代ネットワークの試験施設「楽天クラウドイノベーションラボ」を設立

-エンドツーエンドの完全仮想化クラウドネットワークを再現し、自動化された試験により商用サービスへの早期展開を支援-

 

 楽天グループの楽天モバイルネットワーク株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:山田 善久、以下「楽天モバイルネットワーク」)は、情報、通信、テクノロジー分野におけるデジタルソリューションサービスを提供するTech Mahindra Limited(本社:インド ムンバイ、マネージングディレクター兼最高経営責任者(CEO):CP・グルナニ、以下「テックマヒンドラ」)と連携し、次世代ネットワーク(4G/5G)の大規模な試験基盤を保有する施設「楽天クラウドイノベーションラボ」を設立しましたので、お知らせいたします。

 「楽天クラウドイノベーションラボ」の設立は、2018年10月に両社で締結した、次世代ネットワークに特化した試験施設の設立に関する合意に基づいています。

 本ラボのインフラストラクチャーは、楽天モバイルネットワークのエンドツーエンドの完全仮想化クラウドネットワークを再現しており、試験は網羅的に自動化されているため、イノベーションを加速させることが可能です。本エンドツーエンドの試験設備を使用することでバグの早期発見を行い、品質の高いソフトウェアを継続的に商用ネットワークへ提供することを実現します。開発から新サービス提供まで長い時間と高いコストをかけて商用ネットワークに展開する一般的な手法に比べて、小規模なソフトウェア機能単位で、短期間で自動的に試験を繰り返す手法を採用することで試験期間の短縮とコスト低減を実現します。また、新サービスを展開したときに起こる通信ネットワークの不具合を低減でき、高品質で安定したサービスを継続的に提供することが可能になります。

 本ラボには、拡張性のあるネットワークトラフィックシュミレーション機能を備えた仮想化されたRAN(無線アクセスネットワーク)、モバイルエッジコンピューティング、仮想化されたEPC(進化型パケットコア)やIMS(IPマルチメディアサブシステム)のコアシステム、OSS(運用支援システム)、BSS(ビジネスサポートシステム)が含まれており、ネットワーク全体の包括的なエンドツーエンドの検証を可能にします。さらに、新機能の商用化に向け、商用ネットワークと同一の環境において継続的に試験を繰り返すことができる全経路の実装を自動化しています。DevOps(注)を活用しているため、自動的に新機能やテクノロジーの検証と統合を迅速に繰り返すことができ、楽天モバイルネットワークが早期にこれらを商用サービスに展開することを支援します。

 楽天モバイルネットワークは、本ラボを活用して「5Gレディ」な次世代ネットワークの構築に向けた試験を実施し、ユーザーの皆様に利便性の高い革新的な体験を提供することを目指してまいります。

 (注)DevOPs:開発環境と運用環境を同じ考え方で構築することにより、新しい機能やサービスのスムーズな導入を支援するコンセプト

■□ 概要 □■

 *参考画像は添付の関連資料を参照

■名称:

 楽天クラウドイノベーションラボ(英表記:Rakuten Cloud Innovation Laboratory)

■代表:

 岩瀬学(Manabu Iwase)

■研究領域:

 楽天モバイルネットワークのエンドツーエンドの完全仮想化クラウドネットワークを再現。新機能の商用化に向け、商用ネットワークと同一の環境において継続的に試験を繰り返すことができる全経路の実装を自動化できる施設。

■テックマヒンドラ(Tech Mahindra)について

 テックマヒンドラは、”Connected World”という理念に基づき、革新的かつ顧客中心のITソリューションを提供し、各企業、社員そして社会が“Rise”することを目指しています。同社は、年間売上高49億米ドル、90カ国から集まった従業員11万人以上を擁し、フォーチュン500選出企業を含む926社以上のグローバル企業を支援しています。また、同社は約100カ国に20万人以上の従業員を擁するマヒンドラグループの一員です。マヒンドラグループは、自動車や情報テクノロジーなど18の産業分野で事業を展開している多国籍企業グループです。

以上

 ※ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0503206_01.JPG