IIJ、「IIJクラウドファイルサーバソリューション」のラインアップを拡充

−ゲートウェイ製品「FOBAS」を追加し、中小規模のニーズに対応−

 

 株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝 栄二郎、コード番号:3774 東証第一部)は、クラウド上でファイルサーバを提供する「IIJクラウドファイルサーバソリューション」のラインアップにゲートウェイ製品「FOBAS」を追加し、本日より提供開始いたします。

 本ソリューションでは、お客様のネットワーク内に設置する「FOBAS」(物理もしくは仮想アプライアンス)がCIFSゲートウェイとして機能し、データをIIJのクラウドストレージサービス「IIJ GIOストレージ&アナリシスサービス」上に保存します。お客様は、本ソリューションにより、サーバの運用管理負荷を軽減しながら、オンプレミスのファイルサーバと同じ操作感で安価にファイルサーバを利用することが可能となります。

■主な特徴

 ・クラウドストレージをファイルサーバ化し、通常のファイルサーバと同様の操作感ながら運用負荷の軽減を実現

  重複排除したデータを容量上限のない高堅牢なIIJのクラウドストレージに保存します。本ソリューションでは、アンチウィルス機能、アクセスログの定期生成、クオータの設定機能などを標準提供しています。また、Active Directoryによるアクセス権限の設定も可能です。

 ・専用線不要、既存インターネット回線で運用可能

  インターネット回線を利用してファイルサーバをお使いいただけるため、専用線やVPNの敷設は不要です。お客様の拠点とクラウドストレージ間の通信経路、ストレージ上のデータは暗号化されるため、安心してご利用いただけます。

 ・東西リージョンへ同時保存可能

  FOBASでは、IIJ GIOストレージ&アナリシスサービスの東西リージョンに同時にデータを保存することができます。これによりファイルサーバのDR対応が可能となります。

  (※)東日本リージョンでのサービス提供は、2019年3月以降を予定しています。

■利用料金

 ○初期費用:

  ・物理アプライアンス(シングル構成) 3,980,000円

  ・仮想アプライアンス(シングル構成) 2,980,000円

  (※)別途導入費用及び次年度以降のサブスクリプション費用が必要となります。

 ○月額費用:

  7円/1GB

  (※)IIJ GIOストレージ&アナリシスサービスのご利用料金(従量制)となります。

  (※)データ転送料は無料です。

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0503134_01.pdf