シンガポールを拠点とするブロックチェーン関連のスタートアップ BlockPunkとパートナーシップ契約を締結

ブロックチェーン技術を活用したコンテンツビジネスを推進

 

 大日本印刷株式会社(本社:東京都新宿区 社長:北島義斉 資本金:1,144億円 以下:DNP)と、ブロックチェーンを利用したコンテンツ管理システムを提供するシンガポールのスタートアップBlockPunk(本社:シンガポール 社長:Julian Lai-Hung 資本金:1,472,290シンガポール・ドル 以下:BlockPunk)は、ブロックチェーン領域における戦略的パートナーシップ契約を締結しました。

【概要】

 DNPはコンテンツ文化の発展とクリエイティブ業界への貢献を目指す「DNPクリエイター共創サービス『FUN'S PROJECT(ファンズプロジェクト)』」や、日本のアニメ文化を発信する拠点として『東京アニメセンター in DNPプラザ』など、日本のコンテンツの魅力を国内外に発信するさまざまな活動を進めています。

 一方、BlockPunkは高度なブロックチェーン技術を保有しており、そのブロックチェーン技術を活用し、アニメのデジタルアート作品を販売する「blockpunk.net」を運営しています。

 今回の戦略的パートナーシップ契約により、DNPとBlockPunkは、ブロックチェーンを活用して企業や個人が所有するアニメやマンガ、ゲームなど、様々なコンテンツの偽造品の流通を防ぎ、安心・安全にコンテンツを流通・利活用できる、次世代のコンテンツ流通の仕組みづくりを行います。

 今後両社は、ブロックチェーン技術を活用し、世界中のコンテンツホルダー企業の事業を支援するとともに、両社の技術を組み合わせたアート作品やグッズの販売を目指します。

■BlockPunkについて https://blockpunk.net/jp

 BlockPunkはブロックチェーンを使用することによりクリエイターの著作権を保護可能な、エンターテインメント系スタートアップです。BlockPunkが運営するサイト「blockpunk.net」では、クリエイターは簡単にコレクターグッズの販売が可能で、ファンは本物のデジタル商品の所有権の証明が可能です。

 世界で初めてアニメクリプトグッズを販売し、日本の有名なアニメプロデューサー達とのパートナーシップを所有しています。分散化されたアニメ、映画/テレビ産業の先駆けです。