【新発売】音声合成技術採用の自動CM制作サービス「アローボイスクリエーター」

〜テキスト入力だけの簡単制作、年代・性別・感情にも対応〜

 

 株式会社アイティフォー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:東川 清)は、店舗向けソリューション「アローシリーズ」(注1)の新サービスとして、音声合成技術により店舗で放送するCMやアナウンスの音源を作成可能な「アローボイスクリエーター(Arrow VoiceCreator)」を本日より販売開始します。「アローボイスクリエーター」は、放送したい言葉や文章をパソコンからテキスト入力するだけで音源制作が可能です。当社の店舗BGM&CM配信サービス「アローサウンズ」と併用いただくことで、より効率的でタイムリーな店内放送が実現できます。価格は定価で月額5万円から。

■「アローボイスクリエーター」とは

 「アローボイスクリエーター」とは、データ化されたテキストを音声化するサービスで、東芝デジタルソリューションズ株式会社(本社:神奈川県川崎市、取締役社長:錦織 弘信)が提供するコミュニケーションAI「RECAIUS(リカイアス)(注2)」の音声合成技術を採用しています。店舗で放送したい原稿をパソコンからテキスト入力するだけで音声を制作することができます。性別や年代だけでなく、感情表現にも対応できるなど多種多様な話者の音声が準備されています。例えば臨場感やおもてなし感などパラメーターを設定するだけで、簡単に音声に対して感情を付加することが可能です。また、日本語だけでなく、英語、フランス語、中国語など11ヶ国の言語にも対応しています。

■「アローサウンズ」との併用で店内放送を自社で完結

 「アローボイスクリエーター」は、単独でお使いいただくことも可能ですが、当社で提供している店舗BGM&CM配信サービス「アローサウンズ」との併用を推奨しています。

 「アローサウンズ」は、店内で放送するCMやアナウンス放送の音源を、スマートフォンなどを使って自社収録することが可能です。しかしながら、実際には収録を担当する適任者がなかなか見つからないなどの理由から、外部の業者に制作依頼をされているのが現状です。その結果、例えば店舗名など店舗固有の言葉が含まれる場合などには、店舗ごとに音源を制作する必要があります。またCM内に日付が入っていると、母の日など同じイベントでも年ごとに日付が異なる場合には使い回しができず毎年新たに制作し直す必要があります。そのためお客様では、制作費と労力の負担が増大しているといった課題がありました。

 「アローボイスクリエーター」は何度でも簡単にCM放送の音源が制作できることから、「アローサウンズ」と併用いただくことで、店舗内のCMやアナウンス放送は制作から配信まで簡単に自社で運用いただけます。これにより従来よりも効率的かつタイムリーなCM放送が実現できます。外注していた制作費も削減できるほか、日々見直される販売戦略に合わせたCM放送や、天候など状況に合わせたアナウンスを、都度収録に時間と費用をかけることなく自由自在に音源の変更が可能です。

■「アローボイスクリエーター」の価格

 価格は定価で月額5万円から。詳細は当社までお問合せください。

 (注1)アローシリーズとは、店舗にて販売促進の強化が可能で自社運用も実現する店舗BGM&CM「アローサウンズ(Arrow Sounds)」、デジタルサイネージ「アロービジョン(Arrow Vision)」、レジ応援や専門員呼び出しを効率的に実現する「アロースタッフコール(Arrow StaffCall)」、お客様の来店をリアルタイムに検知し販売促進の強化を実現する「アローコンシェルジュ(Arrow Concierge)」のことです。

 (注2)東芝コミュニケーションAI「RECAIUS(TM)(リカイアス)」について

  人の活動現場の知見を効率よく集めてナレッジとし、状況に適した人の活動の意思決定を支援するサービスです。自然言語処理技術と知識処理技術を融合することで、人とシステムとのコミュニケーションを活性化します。RECAIUSは、誰もが心地よく業務を遂行できる仕組みと効率の良い働き方の実現を目指すと共に、生活の快適化を図ります。

  https://www.toshiba-sol.co.jp/pro/recaius/

 ※ロゴは添付の関連資料を参照

■株式会社アイティフォーの概要

 ・代表者:代表取締役社長 東川 清

 ・本社所在地:〒102-0082 東京都千代田区一番町21番地 一番町東急ビル

 ・事業内容:システムインテグレーター(システム構築)

 ・東証第一部(4743)

 ・URL: https://www.itfor.co.jp/

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ロゴ

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0503016_01.jpg