インフォアジャパン、製造業向けInfor LNおよびクラウドERPに生産性向上のための新機能を追加

 

 あらゆる業界に特化したクラウド型業務ソフトウェアを展開する米Inforの日本法人、インフォアジャパン株式会社(東京都千代田区、代表取締役:ヘレン・マスターズ、以下インフォア)は、本日、組立製造業向けERP「Infor LN」および、同ERPを核とした自動車業界向けクラウドERP「Infor CloudSuite Automotive」と大規模組立製造業向けクラウドERP「Infor CloudSuite Industrial Enterprise(旧名Infor CloudSuite Industrial Machinery)」の3つのERPに関して、スピードと柔軟性、俊敏性を高める機能強化を行ったことを発表します。

 今回の機能強化は、自動車やハイテク・電子・電機、産業用機械・機器製造、大規模産業用機械製造などの組立製造企業にとって、コストのかかるカスタマイズを必要とせず、ビジネスの目標と実際の業務プロセスの整合性をより高めることに役立ちます。

■今回追加された主な新機能:

 ・ユーザーエクスペリエンスの向上:従来の使い易いユーザインターフェースをさらに進化させ、拡張性のあるパーソナライズ機能を備えたワークベンチと、ユーザーの役割別ホームページを強化しました。

 ・マルチサイト機能:多様なグローバルオペレーションに対応するための、企業内及びグループ会社間における商流と物流を柔軟に定義できるマルチサイト機能を追加しました。

 ・拡張性の向上:ソリューションのパーソナライズ化やレポートの設定変更、ビジネスロジックの追加の拡張ツールを強化しつつ、継続的な技術的アップグレードにも対応します。

 米Infor、製品ディレクターのエドワード・タレリコ(Edward Talerico)は、次のように述べています。

 「今はグローバルで活動する製造業にとっての激動の時です。市場の変化、変わりやすい顧客の需要や、モバイルワーカーの増加にすばやく対応できるERPシステムを必要としています。これらの最新の機能拡張は、ビジネスを迅速かつ生産的に前進させられるよう、製造業の皆様をサポートします。」

 さらに詳しくは、 https://www.infor.com/ja-jp/products/ln をご覧ください。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0503012_01.pdf