セールスフォース・ドットコム、マーケティングアナリティクス機能を強化

〜DatoramaからMarketing Cloudのデータ統合を実現するコネクターや開発者向けのツー

ル、インサイトにもとづいたキャンペーン管理を可能にする機能を新たに提供〜

 

 株式会社セールスフォース・ドットコム(本社:東京都千代田区、代表取締役会長 兼 社長:小出伸一)は本日、マーケティングアナリティクスの機能強化について発表しました。今回新たに、Datorama(デートラマ)(*1)にMarketing Cloudのデータ統合を実現するコネクターや開発者向けのツール、インサイトにもとづいたキャンペーン管理を可能にするアクティベーション機能が加わりました。

 DatoramaはMarketing Cloud製品の一部として、企業や広告代理店、パブリッシャー向けのAI(人工知能)を実装したマーケティング・インテリジェンスおよびアナリティクスプラットフォームです。

 Datoramaはマーケティングプラットフォーム関連の豊富なAPIやAIを活用したコネクターを通じて、数百のデータソースを集約し、売上から気象や経済指標といった、マーケティングに関連するあらゆるデータを統合することが可能です。これらのデータを統合し、可視化することで、キャンペーンの実績管理、分析、効果測定が可能になり、ROI向上を促す意思決定へとつなげることができます。

 この度、(1)機能強化されたDatorama Marketing Cloudコネクター、(2)Datorama Developer Portal、そして(3)Activation CenterがDatoramaに追加となりました。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0502847_01.pdf