シングルサインオン・ID管理サービス「ID Federation」において、スマートフォンを使って生体認証ログインができるメニューの提供を開始

〜専用アプリを活用し、生体認証機能がない端末でも、パスワードレスの認証を手軽に実現〜

 

 NTTコミュニケーションズ株式会社(以下 NTT Com)は、さまざまなサービスへのシングルサインオン(※1)、多要素認証(※2)やソーシャルログイン(※3)などによる利便性・セキュリティの強化を可能にするサービス「ID Federation」において、国際標準規格FIDO(※4)に対応した「生体認証メニュー」(以下 本メニュー)の提供を、2019年2月13日より開始します。

 本メニューは、パスワード不要で顔や指紋、声紋の生体情報を用いた手軽な認証を実現するもので、生体情報を直接送受信しない仕組みによってセキュアな認証を可能としています。また、認証用の専用機器やシステム構築も不要なため、簡単に導入していただくことができます。

1.背景

 広く普及しているIDとパスワードによる認証は、パスワード入力の手間や忘れた際の再発行の手間など、効率性や利便性において課題があります。また、複数のサービスでのパスワードの使いまわしなどの、セキュリティ面でのリスクも指摘されています。

 このような理由から、金融、医療などの高いセキュリティが要求される業界はもちろん、一般の企業や消費者においても、提供するサービスに生体認証などのセキュアな手段を利用する動きが生まれています。

 また昨今、オンラインで本人確認を行うことができるサービスが増加しています。これらのサービスでは特に信頼性の高い認証手段が求められており、今後生体認証のニーズはますます増えていくと考えられます。

2.「ID Federation 生体認証メニュー」の概要

 パスワード不要で、顔認証、指紋認証、声紋認証のいずれかによるログインを可能にするサービスです。

 スマートフォンに「ID Federation 生体認証メニュー」アプリをインストールした後、顔や指紋などの生体情報を登録することで、利用準備が完了します。

 その後、「ID Federation」を連携させたWebサービスやアプリケーションのログインの際に、お手元のスマートフォンで生体認証を実行いただくことで、Webサービスやアプリケーションを利用することが可能となります。

 *参考画像は添付の関連資料を参照

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0502489_01.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0502489_02.pdf