ウェルネスを応援する「ウェルネス貯金」のポイント付与や利用にIBM Cloudのブロックチェーン技術を活用

 

 日本アイ・ビー・エム株式会社(本社:東京都中央区、以下、日本IBM)は、三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、以下、三井物産)が中心となって食品メーカーや自治体、薬局、病院などと組み、2019年2月15日から5月14日まで広島市で開始する「ウェルネス貯金(ウェルちょ)」で、ポイント付与や利用に関する実証実験(ソフトローンチ)のプラットフォームとしてIBM CloudとIBM Blockchain Platformが採用されたことを発表します。

 「ウェルちょ」は、消費者のウェルネスを応援する参加企業(ウェルネス応援隊)が提供する商品やサービスに「エール」というポイントを付加し、消費者のウェルネスを応援するプログラムです。消費者は受け取ったエールを「ウェルちょ」に参加している健診所や薬局、マッサージ店など消費者のウェルネスをケアする「ウェルネスステーション」で活用することができます。

 日本IBMは今回の実証実験において、多くの企業や自治体、団体がウェルちょに参加しやすいよう、中立性、公平性が担保され、かつ各参加者の購買や販売履歴、行動履歴などの機密性の高い個人情報を安全に管理でき、高いセキュリティーを実現するIBM CloudとIBM Blockchain Platformを活用します。IBM Blockchain Platform のベースとなるHyperledger Fabricは、エンタープライズ向けのBlockchainで、高い安全性や信頼性を必要とする社会インフラの基盤として適しています。ポイント付与や利用でのBlockchain技術の活用は新たな領域で、日本IBMは、これまでIBMが世界中のお客様と実施してきたさまざまなプロジェクトで蓄積してきたBlockchain活用のための知見と技術力をいかし、今回の実証実験を支援していきます。

 参加企業では、長寿化社会を見据え社会全体でウェルネスを目指せるような新たな社会インフラを目指し、順次拡大していく計画です。

 ウェルネス貯金(ウェルちょ)についての詳細は、以下のURLをご参照ください。

  https://wellcho.com

 ※ロゴは添付の関連資料を参照

 今回、ウェルネス応援隊としてソフトローンチに参加を表明している企業は以下の通りです(2019年1月末時点)。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ロゴ

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0502292_01.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0502292_02.pdf