楽天、カオナビの人事管理プロジェクトにAI技術を提供

-「コンディション予測AI」を開発し、新しい人事管理の実現を目指す-

 

 楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)は、運営する技術研究開発機関の「楽天技術研究所」(本社:東京都世田谷区、代表:森 正弥)が、株式会社カオナビ(本社 東京都港区、代表取締役社長 柳橋 仁機、以下「カオナビ」)が実施する人事データ活用プロジェクト「HR Dataイノベーションプロジェクト」に、AI技術を提供することとなりましたので、お知らせします。

 本プロジェクトは、カオナビがプロジェクト参加企業より収集したデータに、楽天技術研究所が持つ、マルチモーダルラーニング技術とディープランニング技術を複合させ、分析することで、社員のコンディションを高精度で予測するAI技術を研究するものです。楽天技術研究所のAI技術を人事分野に応用するのは初めてです。

 この研究の背景には、少子高齢化や労働力不足が社会問題となる中、多くの企業において、従業員のコンディション管理や退職リスクの把握は重要な経営課題となっている点が挙げられます。人事担当者は、アンケート調査や定性情報を元に、経験や勘に基づいて従業員の状況を把握しており、十分な精度が得られていないのが現状です。

 今回のプロジェクトでは、ディープラーニング技術を応用し、属人的な判断に頼らず、効率的かつ高精度なコンディションの管理や退職リスクの予測を行うことで、新しい人事管理の実現を目指します。

 今後も、楽天技術研究所は、最新のIT技術の研究開発を推し進め、ビジネス展開を通して社会に新しい価値を提供するイノベーティブな研究を進めてまいります。

 *参考画像は添付の関連資料を参照

■株式会社カオナビについて

 ○所在地:東京都港区元赤坂1-2-7 AKASAKA K-TOWER 5F

 ○設立:2008年5月27日

 ○資本金:4億4085万円

 ○代表者:代表取締役社長 柳橋仁機

 ○事業内容:クラウド人材プラットフォーム『カオナビ』の開発・販売・サポート

 ○会社HP: https://corp.kaonavi.jp/

 ※本リリースに記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

以上

 ※ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0502265_01.png