ビジネス効率とイノベーションを加速させるIoT・エッジコンピューティングソリューションを発表

「HPE Edgeline Converged Edge System」によって、IoT/IIoTにおけるデータ取得・成型、コアシステム・クラウドへのデータ連携を容易に実現

 

 日本ヒューレット・パッカード株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長執行役員:吉田 仁志、以下 日本ヒューレット・パッカード)は本日、「HPE Edgeline」ソリューション(ハードウェア、ソフトウェア)を発表いたします。

 このソリューションは、IoT/産業用IoT(IIoT)におけるテクノロジーおよびビジネスの効率性に大きな変革をもたらします。

 急激に増大するIoTデータを、効率よくビジネスで利用するためには、まずはエッジで膨大なデータを処理・分析し、必要なデータだけをデータセンターやクラウドに送る工夫(エッジコンピューティング)が必要です。「HPE Edgeline Converged Edge System」(ハードウェア)は、エッジの過酷な環境でも大量データを処理する性能を備えます。また、IoTの実装においては、データ取得元の各種デバイス(センサーや制御用機器−PLC(※)など)に特化した接続方法が必要になります。「HPE Edgeline OT Link Platfrom Software」は、標準で提供される接続機能によって、各種デバイスとの接続を、GUIを利用して容易に実装することが可能です。さらに「HPE Edgeline」システム管理製品は、エッジに展開された、エッジコンピュータやその上のアプリケーションを一元的に管理でき、IoTの運用負荷を軽減します。

 今回発表する新たなソリューションは以下の通りです。

■「HPE Edgeline EL300 Converged Edge System」

 ・IoT/エッジコンピューティング専用コンピュータ

 ・動作温度 -30〜70℃、IP50、ファンレスの優れた耐環境性能

 ・Intel(R) Core(TM) i5, i7, Intel(R) Atomプロセッサを選択可能(*1)

 ・最大32GBメモリ、3TB SSDをサポート

 ・TSN、CAN、Serial、GPIOのハードウェアIF搭載可能

 ・HPE Edgeline OT Linkプラットフォームをバンドルすることにより、各種PLCや産業、クラウドプロトコルをサポート

■「HPE Edgeline OT Link Platform Software」

 ・エッジやクラウドの様々なデバイス・プロトコルをサポートするソフトウェア

 ・IoTで利用する主要なプロトコルを標準でサポート(*2)

  サポートプロトコル例

  -PLC:国内外主要メーカー

  -産業:GE、OSIsoft、Modbus、OPC UA

  -IT/クラウド:AWS、Google、Microsoft Azure、PTC、SAP、SAS

 ・GUIによって作成するフローで基本的なエッジ処理をコーディングレスで実装可能

 ・お客様やISVが提供するDockerベースのアプリケーションのデプロイ管理機能を提供

■「HPE Edgeline Integrated System Manager」(iSM)

■「HPE Edgeline Infrastructure Manager」(EIM)

 ・エッジ専用に設計された業界初のシステム管理ソリューション

 ・リモートから、HW、BIOSレベルの各種コンフィグレーション、アップデートが可能

  (リモート管理は、有線・無線-LTE/WiFiをサポート)

 ・HPE製エッジコンピュータを一元管理

 ・最新のセキュリティ機能

 ガートナー社の調査では次のようなデータがあげられています。「デジタルビジネスのプロジェクトの結果として、2022年までに企業で生成されるデータの75%が従来型の中央データセンターやクラウド以外で作成され処理されることになります(2018年時点では10%未満)。(*3)」

 HPE、エッジ・IoTシステム、コンバージドサーバー部門のバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーであるトム・ブラディシッヒ(Tom Bradicich)博士は以下のように述べます。「IoT、エッジ、サイバーフィジカルシステムの実装は、物理的な世界とデジタル世界の統合に対する新たな視点が求められる課題です。HPEは、エンタープライズクラスの管理機能で安全を確保しながら、エッジデータを有効活用できるアプリケーションの提供を加速し、お客様をサポートしてまいります。インテリジェントなエッジソリューションの新たなエコシステムの基盤を構築し、業界全体のイノベーションと成長を後押しします。」

 ◇以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0502241_01.pdf