NECネッツエスアイ、Wi-Fiネットワークを活用した位置情報データの収集でデジタルトランスフォーメーションをサポートするクラウドサービス「Kloudspot」を発売

〜マルチベンダのWi-Fi環境に対応〜

 

 NECネッツエスアイ株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役執行役員社長:牛島祐之、東証:1973 NESIC、以下 NECネッツエスアイ)は、Kloudspot LLC.(本社:米国カリフォルニア州、Founder and CEO:Ravi Akireddy、(注1)が提供する位置情報を活用したデジタルトランスフォーメーションプラットフォーム「Kloudspot」の国内独占販売権を取得し、3月1日から販売を開始します。

 スマートフォンをほぼ一人一台、常に持ち歩く時代となり、端末の位置情報を分析することで、人の行動の可視化が可能となりました。Kloudspotは、こうしたスマートフォンをはじめとする端末に紐づく人、端末、機器類の位置情報を収集し、リアルタイムに分析するだけでなく、これまでは複雑なシステムや煩雑なオペレーションが必要だったオフィスの稼働率やヒートマップ、時間帯別の占有率を可視化、現在地から目的の場所までの経路案内など、さまざまなビジネス分野におけるデジタルトランスフォーメーションをサポートします。

 Kloudspotは、CiscoやMeraki、Ruckus、Aruba、XirrusなどのWi-Fiネットワークと連携し、パソコンやスマートフォン、タブレットなどの端末がWi-Fiのアクセスポイントと通信するデータをもとに位置情報を取得するため、特別なアプリケーションを端末にインストールする必要がありません。さらに、すでに設置済のWi-Fi環境をKloudspotと連携させ、位置情報を収集・分析できるため、導入が非常に容易です。

【Kloudspotが提供する各種情報】

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 NECネッツエスアイは、これまで培ってきたネットワーク技術、オンサイトでのICTシステム構築やサポート力、そしてKloudspotのサービスを活用し、オフィスや工場、イベントホール、ホテル、スタジアム、公共交通機関などさまざまなシーンで、お客様の価値創造をサポートします。

 なお、NECネッツエスアイは、Kloudspot関連ビジネスで2020年までに累計10億円の売上を目指します。

■Kloudspot LLC.のRavi Akireddy,CEOのコメント

 今回、NECネッツエスアイとともに我々Kloudspotのプラットフォームおよびサービスを日本の皆様にご提供できることを非常に喜ばしく思っています。Kloudspotは米国およびインド、中東にオフィスを構え、そしてパートナーと共にグローバルにビジネスを展開しています。私たちは、AIや機械学習の採用が、プロセスの自動化やビジネスの変革を実現するものと考えています。

 そして、ネットワークおよびシステムインテグレータのリーディングカンパニーであるNECネッツエスアイは最適なパートナーだと確信しています。

以上

 ※以下は添付リリースを参照

 

 リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0501988_01.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0501988_03.pdf