RPAテクノロジーズが日立システムズと協業

中小企業向けRPAソリューション「BizRobo! mini」のヘルプデスクサービスを提供開始!

 

 RPAホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:高橋 知道、以下、RPAホールディングス)子会社で、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)のベーステクノロジーを提供するRPAテクノロジーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:大角 暢之、以下、RPAテクノロジーズ)は株式会社日立システムズ(本社:東京都品川区、代表取締役 取締役社長:北野 昌宏、以下、日立システムズ)と協業し、中小企業向けRPAソリューション「BizRobo! mini」を導入した企業向けのヘルプデスクサービスを本日から提供開始します。

 大企業から中小企業までホワイトカラー業務の効率化・自動化を行うRPAへの注目が高まっており、デジタルレイバーとしてのRPA導入が全国各地で進んでいます。全国で「BizRobo!」を導入する企業が増加し、現場でのデジタライゼーションが進む一方、ロボットを継続的に利活用頂くためのサポートが必要となっています。

 RPAテクノロジーズは昨年11月に中小企業の方、部署単位でスモールスタートを始めたい方などを対象としたRPAソリューション「BizRobo! mini」の提供を開始し、導入した企業では現場主導のデジタライゼーションが急速に進んでいます。一方で、RPAを導入するのは定型的な事務処理が多く、ITに精通した人材が不在がちな総務部門や経理部門などが主軸となっており、「BizRobo! mini」を使用する際の疑問や課題の解決を支援するサービスが求められていました。

 このような背景の下、RPAテクノロジーズは、日立システムズのサポートを受けて「BizRobo! mini」に関するユーザーの疑問や問題を解消する「BizRobo! mini」のヘルプデスクサービスを提供開始します。本サービスでは、「BizRobo! mini」を導入した企業からの「BizRobo! mini」に関する利用方法や障害を含む問い合わせに対し、ユーザー目線でサポートし、解決方法などを迅速に提供します。RPAテクノロジーズは、今回のサポートサービス提供を契機に今後「BizRobo!」のヘルプデスクサービス拡充を進めていきます。

■「BizRobo! mini」のヘルプデスクサービスについて

 「BizRobo! mini」のヘルプデスクサービスは、「BizRobo! mini」を導入した企業を対象としたサポートサービスです。今回のサービス提供開始にあたり、RPAテクノロジーズは、多数の問い合わせに迅速かつ、的確に対応するため、長年にわたりコンタクトセンターサービスを提供している日立システムズと協業しました。同社の実績あるコンタクトセンター運営ノウハウを活用して、問い合わせの管理方法や問い合わせマニュアルの策定などを行うことによってサポートのオペレーションを見直し、ユーザーの疑問や問題に対して迅速に解決できる環境を整備しました。今後も、日立システムズが保有するノウハウを生かしたオペレーションの改善を行いながら、チャットボットや、音声認識、AIを活用した、高度なヘルプデスクを構築し、いつでもユーザーの皆様の課題を解決できる、より便利なサポートサービスの提供をめざしてまいります。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0501913_01.pdf