楽天、企業が実店舗で商品を購入したユーザーにポイントを付与できる

成果報酬型広告サービス「Rakuten Pasha」の提供を開始

−実店舗での購買判断を後押しするO2Oポイントマーケティングが可能に−

 

 楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)は本日、成果報酬型広告サービス「Rakuten Pasha(ラクテンパシャ)」(以下「本サービス」)の提供を開始しました。

 本サービスは、メーカーなどの各企業が実店舗における自社商品の販売促進を目的としたプロモーションを、スマートフォンサイト上で行うことができる成果報酬型広告サービスです。各企業は、実店舗での商品購入を検討しているユーザーに、商品と対象期間を記載した日替わりクーポン「トクダネ」を提供します。クーポンを取得したユーザーは、該当商品購入後に商品情報が印字されたレシート画像(注1)を送付すれば、どの店舗で購入しても「楽天スーパーポイント」を得ることができます(注2)。

 *参考画像は添付の関連資料を参照

 本サービスの特長は、各企業が商品情報、プロモーションの予算額、ユーザーの1商品購入あたりのポイント付与上限額およびクーポンの発行期間を設定するだけで、あらゆる店舗で販売される自社商品のプロモーションを実施できる点にあります。また、購入毎にポイントを付与する成果報酬型の広告サービスであるため、売上に連動した費用負担のみで手軽にO2O(Online to Offline)のポイントマーケティングを導入できる点も大きなメリットとなります。

 実店舗におけるマーケティングでは、物理的な制約、実施までのリードタイムなどの問題により、セグメントを絞った施策の導入や、購買ユーザーの属性理解などに課題がありました。本サービスでは、簡単な設定のみでクーポン形式の広告配信から効果検証までを実行可能なため、商品の販売促進に必要なマーケティング施策を、短期間かつ手軽に実行できます。また、購買を行ったユーザーの楽天IDに基づいた属性等のデータを分析することで、より高い精度で次回以降のマーケティング施策の見直しにつなげることもできるため、新商品の販売開始だけでなく、定番商品の再購買促進など、幅広いマーケティング活動においてご活用いただけます。

 楽天は今後も、「Rakuten Pasha」をはじめとする様々な広告サービスの提供を通じて、新たなマーケティング手法を開拓してまいります。

 注1)レシート画像の送付後、楽天による審査が行われます。審査結果が確定するまでに、通常1週間程度かかります。購入された時刻・店舗・該当商品の印字がレシートで確認できない場合には、ポイントが付与されない場合がございます。

 (注2)各企業の指定により、クーポンが使用できる店舗が限定される場合もございます。

■「Rakuten Pasha」について

 ・提供開始日:2019年2月4日(月)

 ・概要:企業が発行したクーポンを利用し、実店舗で指定する商品を対象期間中に購入したユーザーに「楽天スーパーポイント」を付与することができる成果報酬型広告サービス

 ・URL:https://pasha.rakuten.co.jp/ (スマートフォン用サイト)

 ・対象企業:

  新商品販売にて効率的な商品認知・販売促進・顧客理解に取り組む企業

  実店舗領域におけるデータマーケティング強化に取り組む予定の企業 他

 ・特長:

  各企業は自社の商品にフォーカスした実店舗での販売促進が可能

  成果報酬型のサービス設計により、O2Oマーケティングの手軽な導入を支援

  楽天IDに基づく購買ユーザー層の高精度な属性データ等の分析が可能

以上

 ※ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0501790_01.jpg