「2018年度 SNS利用動向に関する調査」

 ■日本のSNS利用者は7,523万人(普及率 75%)、2020年末に7,937万人へ拡大

 ■ネットユーザーに占めるLINE利用率は81%、ツイッター 43%、インスタグラム 36%

 ■利用者満足度1位はユーチューブで79.7ポイント、インスタグラムが78.5ポイントで続く

 ■LINE利用者の40%、インスタグラム利用者の54%が利用時間増

 ■SNSの利用目的は「知人の近況を知りたい」が40%、「人とつながっていたい」が36%

 

 株式会社ICT総研(東京都千代田区)は12月18日、2018年度のSNS利用動向に関する調査結果をまとめた。

■日本のSNS利用者は7,523万人(普及率 75%)、2020年末に7,937万人へ拡大

 日本国内におけるSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の利用者(アクティブユーザー)は年々増加しており、2018年末には7,523万人に達する見込みだ。2017年末の国内ネットユーザーは1億12万人と推定されるが、SNS利用者はそのうちの72.1%にあたる7,216万人だった。2018年の年間純増者数は307万人となる見込みで、1ヶ月平均で約26万人の利用者が増加を続けている。

 SNS利用者は元々10代〜20代の若年層が多かったが、SNS利用が当たり前になってきたことで40〜60代以上の年齢層にも拡大しており、登録者数・利用者数ともに増加傾向が見られる。このまま普及が進めば2020年末には利用者数は7,937万人、ネットユーザー全体に占める利用率は78.7%に達する見通しである。

 ※表1は添付の関連資料を参照

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

表1

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0498374_01.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0498374_02.pdf