ニフティネクサスの「DFO」がサイジニア「デクワス.VISION」のデータ作成を開始

〜ビジュアルAIレコメンデーションに使うデータフィードを自動で作成〜

 

 ニフティネクサス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:藤田 由希子)は、同社のデータフィード最適化サービス「DFOプレミアム」と「DFOマネージャー」に、サイジニア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO:吉井 伸一郎)が提供するビジュアルAIレコメンデーション「デクワス.VISION」のデータフィードを作成するサービスを新たに追加し、12月13日(木)から提供を開始しました。

 「デクワス.VISION」は、現在閲覧している商品画像とイメージが近い商品をおすすめする、画像解析レコメンドエンジンです。デザインの類似性を主軸におすすめをするため、視覚的なイメージでショッピングを楽しむことができます。

 広告主様が「デクワス.VISION」を利用する際には、規定の仕様に則ったデータを用意する必要があります。具体的には、(1)自社システムからデータを出力する、(2)規定の仕様に従ってデータを作成する、(3)「デクワス.VISION」のシステムと連携する、(4)最新の状態を維持する、などの対応が必要です。そのため、導入にあたっては社内調整やシステム開発のコストが必要でした。

 今回提供を開始した「デクワス.VISION」用のデータフィードの作成サービスを利用すると、導入企業サイトに掲載されている情報の中から、当社のサイトクローリングシステムがデータを抽出したうえで、「デクワス.VISION」用のデータフィードを自動で毎日作成します。そのため、導入企業はデータ作成に関する社内調整やシステム開発が不要になり、工数の削減、導入期間の短縮、コスト削減を実現できます。

 DFOは今後も、新しいサービスに速やかに対応して、導入企業のパフォーマンス向上に貢献してまいります。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0498147_01.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0498147_02.pdf