楽天と楽天コミュニケーションズ、世界最大規模のAPIマーケットプレイスを「Rakuten RapidAPI 2.0」として新たにサービス開始

‐分かりやすさと利便性を向上し、アジア太平洋地域の開発者を支援‐

 

 楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)と楽天グループの通信会社である楽天コミュニケーションズ株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:平井 康文、以下「楽天コミュニケーションズ」)は、楽天コミュニケーションズが運営する世界最大規模のAPIマーケットプレイス「Rakuten RapidAPI」を、新たにアジア太平洋(APAC)地域を中心とする、より多くの地域の開発者を支援する「Rakuten RapidAPI 2.0」として、本日よりサービスの提供を開始しました。

 2018年7月にサービスを開始した「Rakuten RapidAPI」は、8,000以上の豊富なAPIラインナップを揃え、世界で50万人以上いるといわれる開発者を対象にしたマーケットプレイスです。新しくなった「Rakuten RapidAPI 2.0」は、日本のユーザー向けにUI(ユーザーインターフェイス)・UX(ユーザーエクスペリエンス)を最適化して利便性を高めてきたこれまでの実績をもとに、APACをはじめとする様々な地域の開発者向けにも分かりやすく利便性を高めたUIとすることで、UX向上を図りました。

 「Rakuten RapidAPI 2.0」では、機能や開発用途に応じて、より分かりやすいUIにすることで、開発における効率化を支援するという新しいコンセプト「APIコレクション」を掲げています。これにより、登録されたAPIを検索できる「ディスカバリーインターフェイス」を、業界や開発用途、採用事例などのカテゴリー別に分け、APIに関する情報収集を容易にしています。また、各APIには、「人気度」「レイテンシ(注1)」「正常稼働率」などのパフォーマンスデータが表示されており、より高度な視認性を実現しました。

 両社は、「Rakuten RapidAPI 2.0」の提供を通じて、引き続き「APIエコノミー」の拡大を促進し、より多くのイノベーションが生まれる社会の実現を推進してまいります。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0498105_01.pdf