「いちご植物プラント」の高度化に向けたトライアル及びパートナー事業者様募集について

 

 西日本電信電話株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長小林充佳、以下、NTT西日本)、株式会社NTTスマイルエナジー(本社:大阪市中央区、代表取締役社長小鶴慎吾、以下、NTTスマイルエナジー)、いちごカンパニー株式会社(本社:新潟県胎内市、代表取締役社長佐藤堅一、以下、いちごカンパニー)の3社は協業し、NTT西日本の保有する局舎ビルの空きスペースにNTTスマイルエナジーのIoT技術を活用し、いちごカンパニーの培ってきたいちご植物プラントに関するノウハウを活かしたいちご植物プラントを建設しました。

 植物プラントの生産技術向上による、生産力拡大や運営効率化などの高度化に向けたトライアルを開始し、あわせて、本取組みに関心のあるパートナー事業者様の募集をいたします。

1.背景および目的

 国内外問わず農業分野において、農業従事者不足による生産減、世界的な人口増による食糧不足、台風をはじめとした異常気象による生産地被害など、将来的な農作物の生産・収量に対する不安が報じられています。

 また、人口減少社会における空き物件などの遊休不動産問題も顕在化しており、今後どのように有効活用していくかについても課題としてあげられます。

 このたび、異常気象や季節の影響を受けずに高品質な農産物を安定的に生産し、地産地消を実現することで社会課題の解決に貢献することをめざして、NTT西日本、NTTスマイルエナジー、いちごカンパニーの3社において、いちご植物プラントの最適化に取り組んでいます。生育に適した環境をデジタル技術によりセンシング、コントロールすることで、毎日安定的に高品質ないちごを生育できる環境を確立するとともに、生産物を消費者へ届けるための流通先の確保に向けて取り組みます。

 将来的に、「いつでも・どこでも・誰でも・簡単に」生産し、安定的に消費者へ提供する植物プラント事業のモデル確立をめざします。

2.トライアルの内容

(1)実施内容

 光、温湿度、CO2、液肥などいちご栽培に必要な要素において、従来、農業従事者の知見やノウハウで管理されていたものを形式化するために、デジタル技術等によってセンシング、コントロールし、生育、栽培環境データを収集し、最適解を導き出します。

 <1>生育、栽培環境データの収集、蓄積

 <2>各種環境の制御

 <3>最適な環境パターンの解析

 <4>トライアル評価および改善

(トライアルイメージ図)

 ※添付の関連資料を参照

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

トライアルイメージ図

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0498101_01.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0498101_02.pdf