アグレックス、顧客情報に位置情報を付与して視覚化できる住所マスターのオプション製品「ADO-POINT」を販売開始

〜顧客情報の地図展開で、マーケティングや顧客訪問計画などに活用〜

 

 TISインテックグループの株式会社アグレックス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:八尾 政範、以下 アグレックス)は、顧客情報を管理するための『全国住所マスター「ADDRESS」(以下「ADDRESS」)』のオプション製品として、住所データに位置情報(緯度・経度)を付与する「ADO-POINT」をリリースすることを発表します。

 アグレックスが自社開発した「ADDRESS」は、全国の住所に 10 桁のコードを付番し、カナ・漢字住所や郵便番号を収録したマスターファイルです。1975 年の販売以降、約 180 社への導入実績があり、顧客住所データの市町村合併への変更対応や住所情報の標準化、効率的な名寄せ処理などに幅広く活用いただいています。

 今回リリースする「ADO-POINT」は「ADDRESS」のオプション製品で、「ADDRESS」の各住所コードが示す地域に代表点を設定し、その代表点に対する位置情報(緯度・経度)を収録した住所ポイントデータです。住所データに位置情報を付与することで地図展開が可能となり、エリアマーケティングや商圏分析に活用できます。また、他の位置情報コンテンツとの連携により、代表点から駅などのランドマークへの距離計測ができるため、「〇〇町 1 丁目は、A 支店からの距離が約 8 kmで、顧客数が XX 人いるから 1 日かけて訪問予定」といった顧客訪問計画などにも利用可能です。

 アグレックスは、「ADO-POINT」により基幹系システムと情報系システムのシームレスな連携を可能にし、企業が保有するデータの利活用推進による新たな付加価値やビジネスの創出を支援していきます。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0498083_01.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0498083_02.pdf