“ワイモバイル”、大画面IGZO液晶ディスプレーとリアルな質感の画像が撮影できるカメラを搭載したAndroid Oneスマートフォン「S5」を12月21日に発売

 

 ソフトバンク株式会社および株式会社ウィルコム沖縄は、“ワイモバイル”の新商品として、約5.5インチフルHD+の「IGZO液晶ディスプレー」(※1)とリアルな質感の画像が撮影できるカメラを搭載したAndroid Oneスマートフォン「S5」(シャープ製)を、2018年12月21日に発売します。発売に先立ち、12月14日から予約受け付けを開始します。

1. 主な特長

 ・毎月のセキュリティーアップデートなどで常に安心して最新のOSが利用でき、Googleのアプリなどが使いやすいAndroid Oneスマートフォン

  Android Oneスマートフォンは、Googleの新機能などをいち早く体験できるように、常に最新のOSにアップグレードされます(※2)。また、毎月のセキュリティーアップデートが保証されているのに加え(※3)、セキュリティースキャンが自動で毎日行われることにより、安心して利用できます。さらに、「Googleアシスタント」や「Googleフォト(TM)」「Googleマップ(TM)」「YouTube(TM)」といった、よく使われるGoogleのアプリをプリインストールしており、シンプルなUIによって使いやすくしています。

 ・美しく高精細な「IGZO液晶ディスプレー」や、リアルな色味や質感の画像を撮影できるカメラを搭載

  約5.5インチで高精細なフルHD+の「IGZO液晶ディスプレー」を採用し、縦に広い画面でニュースやSNSなどが見やすくなっています。また、AQUOSの技術を受け継ぎ、表現できる色域が広く、実物に近い鮮やかな色味の写真や映像を楽しむことができます。さらに、カメラのピクセル(画素)サイズが大型化したイメージセンサーの採用で取り込める光の量が増え、屋内などの薄暗い場所でも被写体の色味や質感がよりリアルな画像を撮影することができます。

 ・持ちやすいサイズのアルミボディーと、安心の耐衝撃、防水・防じんに対応

  横幅約71mmのアルミボディーで、女性の手にもフィットするデザインを実現。また、バッグやポケットからうっかり落としてしまっても安心して使える耐衝撃性能(※4)や、お風呂でも快適に操作できる防水(IPX5/IPX8)、防じん(IP6X)(※5)に対応しています。

[注]

 ※1 「IGZO液晶ディスプレー」は、シャープ株式会社と株式会社半導体エネルギー研究所との共同開発により量産化されたものです。

 ※2 発売から24カ月間に最低1回以上のアップデートを実施するものです。

 ※3 発売から3年間のアップデートを実施するものです。アップデートの期間に変更があった場合は、ウェブサイトなどでお知らせします。

 ※4 米国国防総省が制定したMIL-STD-810G Method 516.7:Shock-ProcedureIVに準拠した規格において、高さ1.22mから合板(ラワン材)に製品を26方向で落下させる試験を実施。全ての衝撃に対して保証するものではありません。

 ※5 防水:IPX5とは、内径6.3mmの注水ノズルを使用し、約3mの距離から約12.5L/分の水を最低3分間注入する条件で、あらゆる方向から噴流を当てても電話機としての機能を有することを意味します。IPX8とは、常温で、水道水、かつ静水の水深1.5mのところに電話機を沈め、約30分間放置後に取り出したときに、電話機としての機能を有することを意味します。高温のお湯や冷水につけたり、高温のお湯や冷水をかけたりしないでください。防じん:IP6Xとは、直径75μm以下の塵埃(じんあい)が入った装置に電話機を8時間入れて攪拌(かくはん)させた後、電話機の内部に塵埃が侵入しない機能を有することを意味します。本商品の防じん性能はIP6X相当の保護度合いを保証するものであり、砂浜の上に直接置くなどの利用方法に対して保証するものではありません。

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0498042_01.pdf