ノーコードで kintone をカスタマイズするgusuku Customine が krewSheet と連携

—一覧での入力精度・速度が向上し kintone 活用の幅を広げる連携—

 

 グレープシティ株式会社(本社:仙台市泉区紫山 3-1-4、代表取締役社長:馬場 直行)は 12 月 13 日、アールスリーインスティテュート(本社:大阪市中央区本町 2-3-4 代表:加藤忠智)が開発・販売する「gusuku Customine(グスク カスタマイン)」と、グレープシティが開発・販売する「krewSheet(クルーシート)」が連携したことをお知らせします。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 krewSheet はサイボウズ株式会社(東京オフィス:中央区日本橋 2-7-1 東京日本橋タワー27F、代表取締役社長:青野 慶久)が提供する業務アプリ作成プラットフォーム「kintone」の一覧を Excel ライクな操作性で編集したりフィルタリングしたり、条件付き書式を設定できるプラグインとして、2017 年 12 月の発売以来kintone の入力効率を高めるプラグインとして多くの kintone ユーザーに導入されています。

 また、gusuku Customine は kintone をノーコードでカスタマイズできるサービスです。JavaScript によるプログラミングを必要とせず、業務フローや運用ルールに合わせたカスタマイズが誰でも手軽に行えるため 2018年 9 月の正式リリース以降、順調に申し込みを増やしています。

 このたびの連携は「gusuku Customine」のアップデートにより「krewSheet」が提供するイベント API に対応したもので、krewSheet 上で kintone のデータを保存したり、編集したり、削除したりするタイミングを利用してフィールドの値を変更するなどの動的な処理がノーコードで実現できるようになりました。

 これにより krewSheet の一覧上でもデータを保存したタイミングで入力値が正しいかどうかをチェックし、正しくない場合はエラーを表示したり、ある項目のデータが変更されたタイミングでほかの項目の内容を変更したりするなどの業務ルールに合わせた処理が自動的に行えるようになります。

 ●krewSheet で複数のレコードを一括編集した場合の各レコードに対する処理は現時点で未対応(単一レコードのみ処理可能)

 ●krewSheet 専用の条件は「krewSheet を表示したとき」のみ。それ以外に追加された条件は既存の「レコードを保存・削除する直前」などに透過的に対応しているため、krewSheet の利用を意識する必要はありません。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0498030_01.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0498030_02.pdf