NEC、和歌山県白浜エリアで「IoTおもてなしサービス実証」を開始

〜顔情報を用いて、ホテルの出迎えからキャッシュレス決済までをスムーズに〜

 

 NECは、株式会社南紀白浜エアポート(注1)、株式会社白浜館(注2)、株式会社フィッシャーマン(注3)などとともに、観光客やビジネス客の満足度向上や空港の安全・保安対策の高度化を目的とし、顔認証を活用した「IoTおもてなしサービス実証」を行います。

 和歌山県・南紀白浜空港では、2018年5月に株式会社南紀白浜エアポートが公表した「南紀白浜空港マスタープラン」(注4)に基づき、20年後に現在の3倍となる30万人の旅客数達成を目指して、地域全体のIoT先進化を含むおもてなし拡充による利用者満足度の向上や、IoTを活用した空港運営の生産性向上などに取り組んでいます。

 これに対しNECは、自社の顔認証技術を用い、地域の玄関口である空港で顔情報とクレジットカードなどの情報を登録することにより、その後は一つの共通IDとして利用できる環境を提供します。具体的には、技術検証の場として、ホテル(SHIRAHAMA KEY TERRACE HOTEL SEAMORE)や商業施設(フィッシャーマンズ・ワーフ白浜)など南紀白浜空港およびその周辺の複数施設で行われるおもてなし(空港での案内、ホテルの出迎え/入室、商業施設のキャッシュレス決済による手ぶらショッピングなど)実証において、機材提供やシステム構築、運用などを行います。実証期間は、2019年1月14日から同年8月末までの予定です。

 また、外部サーバを必要とせずに高速なAI処理を実現し、Arm(R) Pelion(TM) Device Management(注5)によりセキュアに運用管理された「NEC AI Accelerator」を新たに開発し、顔検出エンジンを搭載して本実証に使用します。なお、今回の実証実験には、キャッシュレスの普及促進のため、ベリトランス株式会社の協力を得ています。

 NECは、AIやIoTを活用した本実証を通じ、観光客やビジネス客の利便性を向上させ、南紀白浜エリアでのおもてなしサービスによる地域経済の発展を支援するとともに、安全・保安対策の高度化を通じた空港運営の生産性向上にも貢献します。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0498028_01.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0498028_02.pdf