ソネット・メディア・ネットワークス、「Logicad for Publishers」を開始

〜広告主ごとの要望に合わせた広告枠買付を実現〜

 

 ソネット・メディア・ネットワークス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:石井 隆一)は、「Logicad for Publishers」の提供を、本日 12 月 12 日より開始致します。

 ◇ロゴは添付の関連資料を参照

 「Logicad for Publishers」は、広告主ごとの要望に合わせた、独自の広告枠の買付、プランニングを実現するサービスです。本サービスは、広告主から事前に、プロモーション目的に対する要望や条件を確認した上で、媒体社との連携により、DSP(*1)「Logicad」経由で効果的な広告枠を提供します。

【「Logicad for Publishers」イメージ図】

 ◇添付の関連資料を参照

 近年、広告主からは、「個々の商材やブランドイメージとの親和性が高い特定の広告枠へ配信を行いたい」との要望が高まっています。これらの要望に応えるため、媒体社との連携により、広告主の要望に沿った広告枠を提供する「Logicad for Publishers」の開始に至りました。

 「Logicad for Publishers」により、広告主は、広告案件ごとの要望に沿った広告枠が提供されるため、個々商材やブランドイメージにマッチした広告配信を行うことが可能となり、広告効果が向上するほか、ブランド価値毀損を防止します。

 今後は、様々な媒体社との連携により、RTB(*2)での取引実績のない広告枠など、それぞれの広告主にとって有益な広告枠の取り扱いを拡充していきます。

 当社は、多様化する要望に対して、積極的にサポートしていくことで、企業のデジタルマーケティングの最適化を支援します。

以上

 *1 DSP(Demand Side Platform)

  広告主の広告配信効果を最適化するためのプラットフォーム

 *2 RTB(Real Time Bidding)

  1 インプレッション(広告表示)ごとにリアルタイムで入札が行われる広告取引

●ソネット・メディア・ネットワークス株式会社 概要

 2000 年 3 月に設立。ソニーグループで培った技術力をベースに、マーケティングテクノロジー事業を展開しています。「技術力による、顧客のマーケティング課題の解決」を実現するため、ビッグデータ処理、人工知能、金融工学の 3 つの技術をコアとし、DSP「Logicad」をはじめとするマーケティングテクノロジーに関する様々なサービスを提供しています。

 ■ソネット・メディア・ネットワークス株式会社

  URL: https://www.so-netmedia.jp/

 ※記載されている会社名および商品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ロゴ

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0497952_01.jpg

「Logicad for Publishers」イメージ図

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0497952_02.jpg