日本ユニシスとギックス

マーケティング分野のイノベーションビジネスで提携

〜リアル領域の大量データを利活用する機能を強化し、

“デジタルアクセラレーション”の取り組みを加速〜

 

 日本ユニシスとギックスは、マーケティング分野におけるビジネス強化や、AIによる新サービス創出に向けた提携を2018年12月から開始します。

 今回の提携により、決済、流通、金融、交通分野などにおける大量のマーケティングデータを利活用する機能を強化し、ギックスが持つデータ分析のノウハウを活かしながら、AIによるプラットフォームサービス創出の加速を目指します。

【背景】

 日本ユニシスの注力領域のひとつ「デジタルアクセラレーション」は、ビジネスのデジタル化を加速させ、経済活動を可視化することで企業・販売主・消費者の関係性を再構築し、生活者の利便性向上・産業の活性化を実現することを目指した新しい取り組みです。

 昨今、IoTやAIへの投資やその活用拡大が後押しとなり、生活者の消費体験と生活者向けマーケティングのイノベーションは、ネットからリアルな領域(イエナカ・ミセナカ・マチナカ)に広がり始めています。

 その中で発生する大量のデータを、生活者の利便性向上とマーケティングのイノベーション促進、両方の観点から付加価値を生み出す利活用の仕組みづくりができるプレーヤーが求められています。

 ※以下は添付リリースを参照とギックス

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0497926_01.pdf