NEC、社会インフラの安定運用を支援するAI技術を開発

 

 NECは、国立研究開発法人 産業技術総合研究所(以下 産総研)と共同で、プラント等の重要な社会インフラの安定運用を支援するAI技術「論理思考AI」を開発しました。運用対象の異常時に、最適なリカバリープランを自動で提示、その根拠も合わせて提示するため、経験の浅い運用者でも、手順の妥当性の判断が可能となり早期復旧を支援します。

 本技術は、論理推論技術(注1)と、機械学習の一つであるシミュレーションを活用した強化学習技術(注2)を融合した技術です。

 はじめに、論理推論技術により、対象となるシステムのマニュアルや設計情報などの情報を繋ぎ合わせ、復旧に向けたリカバリープランを自動生成し、確度の高いものに絞り込みます。

 次に、絞り込んだリカバリープランに沿ってシミュレーション環境で試行錯誤しながら、最適な手順を学習します。このように膨大なトラブルケースにおける有望なリカバリープランを絞り込んだ上で学習することで、学習期間を年単位から数日に短縮することができました。

 NECと産総研は、2016年6月にNEC-産総研 人工知能連携研究室を設立(注3)しており、今回の技術は、その成果の1つです。

 NECは2020年度までの3カ年の中期経営計画「2020中期経営計画」においてセーフティ事業をグローバルでの成長エンジンに位置づけています。本技術は、「NEC Safer Cities」実現に向けたソリューションやサービスの開発を加速・強化するものであり、安全・安心な街づくりに貢献していきます。

■背景

 社会インフラの運用においては、その複雑さや社会的影響の大きさから、経験豊富な熟練運用者に依存しています。しかし、近年の人材不足や熟練者の育成の観点からAIによる運用支援が求められています。

 このようなニーズを背景に、近年、適切なリカバリープランの立案のために、シミュレーションを活用して試行錯誤を繰り返すことで手順を学習する強化学習技術の研究が進んでいます。しかしながら、プラント設備のような大規模・複雑なインフラでは、膨大な試行錯誤が必要となり、実用的な時間で学習を終えることが困難となっていました。

 今回開発した技術は、上記課題を解決し、AIによる社会インフラの運用支援を実現する成果です。

 ※図は添付の関連資料を参照

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0497915_01.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0497915_02.pdf