窓口における対面での本人確認業務を軽減

IDカードの真贋判定補助・業務効率化支援システム「ID確認システムPRO」をバージョンアップ

 

 大日本印刷株式会社(以下:DNP)と100%子会社で各種IDカード用の機器や材料の販売をおこなう株式会社DNPアイディーシステム(以下:IDS)は、対面での本人確認業務を効率的にサポートする「ID確認システムPRO」をバージョンアップします。受付時に免許証やパスポート等のICチップ付き本人確認書類の真贋判定補助を行うとともに、ICチップ内に記録されている顔写真データやテキストデータを利用して申請書・申込書などの記入や入力作業を効率化することができるようになります。各種申し込みに本人確認が必要な金融機関やクレジットカード事業者等に向けて2018年12月7日より販売します。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

【バージョンアップした機能】

 本人確認書類の券面画像と、ICチップ内に記録されている顔写真やテキストなどのユーザー情報を、パソコンやネットワーク上のフォルダに取り出す機能を追加します。本システムの導入企業は、窓口の申請・申込受付業務において、本人確認書類の真贋判定補助だけでなく、顧客データを同時に取得できるため、応対時間の短縮や効率化が図れ、店頭での顧客満足度向上や人手不足解消などの課題に対応できます。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0497595_01.jpg

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0497595_02.pdf