約30億円の資金調達を実施

〜企業ミッションを「出会いからイノベーションを生み出す」に〜

 

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 Sansan株式会社は、日本郵政キャピタル、T.Rowe Price Japan Fund、SBIインベストメント、DCM Venturesから、合計約30億円の資金調達を実施しました。あわせて、企業ミッションを「出会いからイノベーションを生み出す」に進化させます。

 当社は調達した資金により、名刺を起点とした、イノベーションを生み出す事業の展開を加速していきます。

■資金調達の概要

 当社は2007年の創業以来、一貫して「名刺」を通して、ビジネスの出会いの価値に向き合ってきました。

 法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」は、社内に眠る名刺をデータ化し、人と人のつながりを情報として可視化・共有できる機能が評価され、大手企業を中心に7000社以上で導入され、企業のビジネスインフラとして成長を遂げています。

 個人向け名刺アプリ「Eight」は、登録者数が200万人を超える、名刺を起点とした国内最大のビジネスプラットフォームです。昨年11月にインドでもリリースされ、国内外での展開を加速しています。

 シリーズEラウンドとなる今回の資金調達を通じ、活きたデータとテクノロジーの組み合わせで「出会いからイノベーションを生み出す」というミッションを実現すべく、事業展開を加速させてまいります。

 なお、今回の資金調達により、これまでの累計調達総額は約114億円となります。

■ミッションについて

 新ミッション:「出会いからイノベーションを生み出す」

 旧ミッション:「ビジネスの出会いを資産に変え、働き方を革新する」

 当社の事業は「名刺のデジタル管理」に留まらず、イノベーションにつながる新しい出会いを生み出すことを目指すべく、展開をしています。事業の展開に伴い、長年掲げてきたミッションを進化させることに決めました。

 いつの時代も、世界を動かしてきたのは人と人との出会いです。当社は、名刺からはじまる出会い、そのもののあり方を変えていきます。

■資金調達先について

 ・日本郵政キャピタル

  日本郵政キャピタル株式会社は、主に投資業務を行う日本郵政株式会社100%出資の子会社です。日本郵政グループのネットワーク、ブランド力等を活用して成長が期待できる会社への出資を行うことにより、国内ベンチャー企業の成長を後押ししています。

 ・T.Rowe Price Japan Fund

  T.Rowe Price Japan Fundは、ティー・ロウ・プライス・グループの一員であるティー・ロウ・プライス・ジャパン株式会社がその投資顧問会社であるファンドです。グループは米国ボルティモアを本拠地とし、2018年10月末時点で1.01兆ドルの運用総額を誇るグローバルな資産運用会社であり、個人や機関投資家、年金基金等に対し、投資信託や投資顧問サービス、リタイアメント向け運用サービス等を提供しています。ティー・ロウ・プライスは1982年に駐日事務所を開設して以降、日本株運用に長く携わっております。

 ・SBIインベストメント

  SBIホールディングス株式会社の子会社であるSBIインベストメント株式会社は、成長分野におけるベンチャー投資を積極的に行っております。今回は、同社が運営するSBI AI&Blockchainファンドを通じて投資を実行いたします。

 ・DCM Ventures

  DCM Venturesは、運用総額40億ドルを超えるベンチャーキャピタルです。シリコンバレー、北京、東京にオフィスを構え、実践的な経営アドバイス、グローバルなビジネスネットワーク、資金提供により起業家をサポートしています。

(以上)

■Sansan株式会社

 会社概要:2007年の創業より法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」を開発・提供しています。「Sansan」は「名刺を企業の資産に変える」をコンセプトに、社内に眠る名刺をデータ化し、人と人のつながりを情報として可視化・共有できるクラウド名刺管理サービスです。2012年より個人向け名刺アプリ「Eight」を提供開始。ソーシャルの仕組みを取り入れ名刺をビジネスのつながりに変える新たなビジネスネットワークとして、登録ユーザーは200万人を超えています。

 設立:2007年6月11日

 URL: https://jp.corp-sansan.com

 所在地:150-0001 東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル13F

 資本金等:46億716万円(うち資本金 31億6,412万円)

 事業内容:クラウド名刺管理サービスの企画・開発・販売

 ミッション:「出会いからイノベーションを生み出す」

 法人向け「Sansan」 https://jp.sansan.com 個人向け「Eight」 https://8card.net

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0497496_01.JPG