[オートモーティブ]

次世代タクシー配車アプリ「MOV」新たな移動体験を実現する取り組み「PROJECT MOV」始動

第一弾は乗客の利用料金が無料となる「0円タクシー」本日より走行開始

 

 株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:守安 功、以下DeNA)が提供する、次世代タクシー配車アプリ「MOV(モブ)」は、2018年12月5日(水)からの東京都内(※1)でのサービス開始に伴い、新たな移動体験を様々な形で実現する取り組み「PROJECT MOV」を始動しました。その第一弾として乗客の利用料金が無料となる「0円(ぜろえん)タクシー」の走行を2018年12月5日(水)より開始します。

 ※1 東京23区・武蔵野市・三鷹市

 *参考画像(1)は添付の関連資料を参照

■「PROJECT MOV」について

 「PROJECT MOV」は、利用シーンや個別のニーズに応じた新しい移動体験を実現するための取り組みです。その第一弾として、乗客の利用料金を無料(※2)にする「0円タクシー」を開始します。「MOV」は「0円タクシー」を通じて、乗客と交通事業者をマッチングする2者間モデルから企業などを巻き込んだ多者間マッチングモデルへと進化します。

 また「PROJECT MOV」では今後、好みの車種やユーザ評価の高い乗務員を選択できる仕組みなどの付加価値の提供も予定しており、今後、技術革新・ビジネスモデル革新の観点から新たなモビリティーサービスモデルを創出していきます。

 ※2 適用条件および注意事項は下記表内をご覧ください。

■「0円タクシー」サービス概要

 「0円タクシー」は、多くのお客様により気軽にタクシーを利用いただくための選択肢を提供する取り組みで、契約スポンサーと「MOV」の広告宣伝費によって乗客が支払う利用料金を無料にするフリービジネスモデルです。

 スポンサーは、「MOV」で配車できるタクシーの車体ラッピングや、車内での自社商品/サービスの宣伝を通じて、認知獲得や購買に繋げることが狙えます。タクシーの車内は閉鎖されたプライベート空間であるため、乗客と直接接触でき、そしてコミュニケーションの自由度が高い特別な空間であるため、広告媒体の中でも非常に効果的な媒体であると考えます。「0円タクシー」では車内での試供品提供やサービスの体験、車内専用コンテンツなど様々な広告を展開していきます。

 乗客は「0円タクシー」が乗車可能範囲内にある場合、配車することができます。無料でタクシーを利用できるだけでなく、スポンサーの新商品や新サービスなどの情報をいち早く入手/体験することが可能となります。

 タクシー事業者においては、これまでタクシーを利用していなかった層の取り込みが期待いただけます。また、タクシー事業者には、契約スポンサーと「MOV」両者からの広告宣伝費によって通常通りの乗車料金分が支払われるため、新たな収益モデルの構築に繋がります。

 DeNAは広告宣伝費を活用することで「0円タクシー」を起点に「MOV」の認知獲得、またタクシー利用へのハードルを下げることで通常利用の乗客増加も見込んでいます。

 *参考画像(2)は添付の関連資料を参照

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像(1)

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0497444_01.jpg

参考画像(2)

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0497444_02.jpg

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0497444_04.pdf