アドダイスとAJS、半導体工場・工程向けHORUS AI専用バージョン「HORUS AI for SemiCon-EX」クラウドサービスの提供について協業開始

 

 株式会社アドダイス(所在地:東京都台東区上野5-4-2 IT秋葉原ビル 代表:伊東大輔、以下:アドダイス)と、TISインテックグループのAJS株式会社(代表取締役社長:河崎 一範、本社:東京都新宿区、以下:AJS)は、半導体工場・工程向け HORUS AI専用バージョン「HORUS AI for SemiCon-EX(ホルスエーアイ フォー セミコンイーエックス)」クラウドサービスの国内展開に関する協業を開始します。

 アドダイスの「HORUS AI for SemiCon-EX」は、アドダイスの画像検査専用AIである「HORUS AI」を用いて、半導体製造工程に深層学習を利用する人工知能を導入します。半導体製造工程での専門家の判断をAIに学習させるためのデータ構築を迅速に行うアドダイスの特許技術を活用し、半導体製造工場の画像検査工程のAI化を実現します。「HORUS AI for SemiCon-EX」には、半導体製造工程の画像検査におけるAI化に必要な「チューニング」が組み込まれております。当サービスはHORUS AIベースの実績あるソリューション・クラウド・サービスです。

 AJSは、旭化成エレクトロニクス株式会社の半導体製造工程における品質検査の高度化、高速化技術として、アドダイスの「HORUS AI for SemiCon-EX」の導入を主導し、具体的なPoCを行ってきました。この知識と経験を活かし、国内の半導体製造技術における同様な検査技術の高度化、高速化対応に貢献していきたいと考えています。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0497270_02.pdf