胸部単純X線検査において動画撮影を実現するデジタルX線動画撮影システム

〜X線動画解析ワークステーション「KINOSIS(キノシス)」新発売〜

 

 コニカミノルタ株式会社(本社:東京都千代田区、社長:山名 昌衛、以下 コニカミノルタ)は、一般X線撮影装置を用いて動画を撮影できるデジタルX線動画撮影システムを開発し、撮影したX線動画を様々な画像処理で診断価値向上に貢献する、X線動画解析ワークステーション「KINOSIS」を発売いたしました。

 ※参考画像(1)は添付の関連資料を参照

 2018 年 11 月 21 日は世界COPD デーです。COPD(Chronic Obstructive Pulmonary Disease:慢性閉塞性肺疾患)は、主にタバコを原因とした肺疾患で、慢性的に息切れや咳を引き起こして死に至らしめることもあります。WHOは、2030年までにはCOPDが世界の死因の第3位を占めるようになると推測しています。世界的に主要な死亡原因の1つでありながら認知度が低いため、医学会、専門医、患者団体などが協力して、毎年11月中旬の水曜日の1日を世界COPDデーとし、様々なイベントが実施されています。

 日本ではCOPDが死因の第10位に入っており、さらに、日本人の死亡原因の1位は「がん」ですが、その部位としては男女ともに「気管支および肺」が1位となっています(*1)。このように、日本でも世界でも深刻である肺の疾患に対し、広く簡便に行われている胸部X線検査において動画を提供することによって、早期発見と治療に貢献したいと考えています。

【デジタルX線動画撮影システムとは】

 この度開発したデジタルX線動画撮影システムは、新発売のX線動画解析ワークステーション「KINOSIS」と、既発売である可搬型デジタルX線撮影装置「AeroDR fine」で構成されており、従来の胸部単純X線撮影と同様に、一般X線撮影装置での撮影が可能です。なお、一般X線撮影装置としては、(株)島津製作所「診断用X線装置 RADspeed Pro」を採用しています。

 このシステムは、アニメーションと同じ原理で、パルスX線を1秒間に約15回連続照射し、コマ撮りした画像を連続表示することで動画を作ります。実際の動きを観察できる胸部X線動画からは、静止画に比べて非常に多くの情報を得ることができます。また、CTやMRIが仰向けに寝た状態で撮影するのに対して、本システムは体を起こした立位で撮影できるため、日常生活における体勢に近い状態を観察できるというメリットがあります。

 ※参考画像(2)は添付の関連資料を参照

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像(1)

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0496018_01.jpg

参考画像(2)

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0496018_02.jpg

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0496018_03.pdf