全国を網羅する高精度デジタル地図

「GEOSPACE 電子地図」最新版(2018年秋版)リリース

〜2018年9月供用開始分を含む主要道路、鉄道、公共施設、家屋などの最新情報〜

 

 デジタル地図の整備・制作、および空中写真を含む空間情報コンテンツの販売を行うNTT空間情報株式会社(本社:東京都台東区 代表取締役社長 猪瀬 崇)は、このたび、全国の電子地図データを更新したデジタル地図「GEOSPACE(ジオスペース) 電子地図」について、2018年秋版の提供を11月16日に開始しました。

 今回の2018年秋版では、2018年9月供用開始予定分を含む主要な道路、鉄道、公共施設、商業施設、家屋などの情報を反映・更新しています。なお、住所情報は建物の属性データとして登録しています。

 「GEOSPACE 電子地図」は、地形や建物の形を精密に撮影した航空写真や、都市計画図などの公共測量成果物をベースに作成した地理空間情報コンテンツです。カバーエリアは離島を含む日本国土全域(約38万km2)と広範囲で、国土地理院基盤地図情報の原典データとして民間企業の中から採用された、高精度(※1)な地図データです。印刷や画面コピーの利用許諾が標準ライセンスに含まれているため、新たな許諾申請も追加料金も必要なく(※2)、自治体への各種提出書類等に添付することが可能なことから、安心してご利用いただけます。

 ※1 都市計画区域:地図情報レベル2500、その他エリア:地図情報レベル5000

 ※2 ご契約いただいた際の「利用目的」の範囲に限らせていただきます。

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0495941_01.pdf