NEC、コミュニケーション・ロボットを用いた高齢者見守りサービス向けソリューションの実用化を加速

〜愛媛県西条市で行われた実証で好評価を獲得〜

 

 NECは、愛媛県西条市がスマートシティ構築トライアル事業の一環として実施した「高齢者見守り支援サービス」の実証結果を受け、コミュニケーション・ロボット「PaPeRo i」(注1)を核とするICTソリューションによる高齢者見守りサービス向けソリューションの実用化を加速します。

 愛媛県西条市で行われた実証は、(1)朝・昼・夕の毎日3回、ロボットが高齢者の写真を撮影し家族に送る"見守り"、(2)家族と高齢者の間で音声メッセージや写真をやりとりできる"コミュニケーション"、(3)高齢者がロボットに話しかけて天気予報やニュースが聞ける"音声リクエスト"、(4)音声リクエストで利用可能な「うんどうビデオ」を利用し、認知機能の維持に貢献する"うんどう"、(5)ロボットから高齢者に話しかける"声がけ"の計5サービスが使用され、西条市内在住の高齢者単身世帯および高齢者のみの世帯と市外在住の家族合計10組を対象に、2018年7月〜9月までの3か月間実施されました。

 体験者アンケートと利用統計から、高齢者はロボットに親しみを感じ操作も簡単に出来ていること、見守りによる安心感だけでなく家族とのコミュニケーションが活性化することに楽しさを感じていることが確認できました。また、家族はいつでもどこでもスマートフォンでロボットが撮影した高齢者の写真を確認できる見守りサービスが有用であること、その他のサービスに対しても良い評価をしていることが確認できました。サービス全体として高齢者の生活が活性化し、健康寿命の延伸も期待できることが分かりました。

 西条市は本結果を受け、引き続き、料金や運用の仕組みなどの検討を進める予定です。

 NECは今後、本格的なソリューション拡大に向けて高齢者や家族の満足度をさらに高めるために、個々のサービスの改善や、運用側の負担を軽減するシステムの検討を進めるとともに、西条市でのサービスモデルを他自治体にも展開していきます。

 NECグループは、安全・安心・効率・公平という社会価値を創造する「社会ソリューション事業」をグローバルに推進しています。当社は、先進ICTや知見を融合し、人々がより明るく豊かに生きる、効率的で洗練された社会を実現していきます。

【別紙】

 ・高齢者見守り支援サービスの全体イメージと、主な実証体験者の評価

  https://jpn.nec.com/press/201811/images/0801-01-01.pdf

以上

 (注1) PaPeRo i

  NECプラットフォームズが2016年7月に出荷開始したロボット型オープンプラットフォーム。撮影用カメラ、顔認識用カメラ、温度・湿度・光度等のセンサーを持つ。音声認識機能やテキスト読み上げ機能を持つ他、クラウド型AIとの連携が可能。