データセンターの空調電力を大幅に削減する空調制御技術を開発

内気循環と外気導入の適切な組み合わせ算出などにより、空調設備の消費電力を29%削減

 

 株式会社富士通研究所(注1)(以下、富士通研究所)は、データセンターの空調設備の電力を大幅に削減する空調制御技術を開発しました。

 データセンターでは、AIサービスの急速な普及により、高性能かつ高発熱なコンピューティングシステムが設置され、今後ますます消費電力の増加が見込まれます。このため、データセンターでは、全電力量の30%から50%を占める空調設備の省電力化が特に求められています。現在、冷たい外気を取り入れる空調機や、最適な電力最小設定を探索する制御方法など、各データセンターで様々な工夫がされていますが、さらなる電力効率の最大化を進める必要があります。今回、温度と湿度の両方の観点から外気の導入率を判断し、かつ各空調機がエリアごとにおよぼす冷却の影響度を測ることで最適な設定温度を算出する空調制御技術を開発し、空調設備の大幅な省電力化を可能にしました。

 これにより、29%の空調電力削減を確認することができ、増大するデータセンターの電力消費量の削減に貢献します。

 本技術の詳細は、韓国の平昌で開催中の国際会議「ICCAS2018 (International Conference on Control, Automation and Systems 2018)」にて10月19日(金曜日)に発表します。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0493577_01.pdf