インテックと富士通、

地域金融機関のビジネス変革支援に向けて協業を開始

〜インテックの「F3(エフキューブ)」と富士通の「FrontSHIP」を

連携させ次世代情報系ソリューションを強化〜

 

 TISインテックグループの株式会社インテック(本社:富山県富山市、代表取締役社長:北岡 隆之、以下、インテック)と、富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中 達也、以下、富士通)は、地域金融機関のビジネス変革に向けて協業し、インテックの地銀向けCRMソリューションで国内シェア1位の「F3(エフキューブ)」と、富士通の「Finplexサービス統合基盤FrontSHIP(以下、FrontSHIP)」を組み合わせた次世代情報系ソリューションの共同検討を2018年10月より開始します。

 今回の協業で、両社は地銀向けCRMの開発・導入で培ったインテックのノウハウと、金融機関向け勘定系や営業店システムの構築・運用で培った富士通のノウハウを融合させた新たなソリューションを共同開発します。これにより、金融機関における営業職員の顧客リレーション強化や取引先の開拓を支援するとともに、デジタル社会における金融機関の高度な営業活動と新たな接客スタイル確立の実現に貢献します。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 昨今、地域金融機関における地域経済への関わり方は大きく変化しており、地域の枠組みを越えた取引先への支援や、地域活性化への貢献が求められています。同時に地域金融機関の営業職員に期待される役割も高度化しており、取引先の事業性を見極める目利き力や、経営課題に対する提案力強化が急務となっています。

 これらのニーズに対応するため、両社は業務の体系化とコンポーネント化で合理的なシステム導入を可能にしたインテックの「F3」と、デジタルチャネルを通じて新たな顧客接点と顧客体験を創出する富士通の「FrontSHIP」を組み合わせた次世代情報系ソリューションを共同開発し、2018年度第4四半期より提供を開始する予定です。

 具体的には、「F3」が保有する取引先に関する様々な情報をもとに、「Finplex FrontSHIPスマート営業APIサービス群 neXessary」の話題記事マッチングAPIを活用し、複数メディアの最新記事などと組み合わせ、法人顧客の業種特徴や趣味嗜好などの関連記事を自動表示する機能を提供します。また、企業情報や取引先企業を相関図で示すAPIを活用することで、取引先の情報や経営者同士のつながりをわかりやすく表示する機能も提供し、営業職員の顧客リレーション強化や取引先の開拓を強力に支援します。

 両社は、今後も勘定系システムとのリアルタイム連携による営業事務支援や、OnetoOneマーケティングなどの機能も共同開発し、順次サービス拡大を図っていきます。

■「F3(エフキューブ):Flexible Financial Frontier」について

 インテックが提供する金融機関向け情報系システムの総称です。CRM、コールセンター、ローン自動審査などを業務機能で体系化し、業務単位で組み合わせて利用できる拡張性と合理性を持ち合わせた「統合型CRMシステム」です。

 「F3」は豊富な導入実績とノウハウの蓄積により、情報の一元管理、法人企業の事業性評価、商流の把握など、営業推進を目的とした業務の効率化と高度化を実現します。

■「Finplexサービス統合基盤FrontSHIP」について

 富士通が提供する「FrontSHIP」は、金融機関におけるデジタル革新を支える利用者起点のフロントサービス基盤です。あらゆる生活シーンでの利用者接点を創出し、地域や企業、人の絆を深め、デジタルチャネルの力を最大限に引き出します。FinTech企業と金融機関のシステムをつなぐオープンAPI基盤としての利用はもちろん、金融機関様の現行資産を有効活用してシステムやサービスをつなぐサービスインテグレーション基盤としても利用できます。

【商標について】

 記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0493570_01.JPG