ユニアデックス 新時代のネットワークでデジタル革新の促進を支援

−企業内ネットワークを自動化や可視化できる「Cisco DNA」を提供開始−

 

 ユニアデックスは、シスコシステムズが提供する、新時代のネットワークアーキテクチャー「Cisco DNA(Digital Network Architecture、以下 Cisco DNA)(注)」を本日から提供開始します。「Cisco DNA」は、企業内のネットワークに特化したさまざまな機能を実装しており、ネットワークの一元管理を実現します。従来ネットワーク管理者はネットワーク機器ごとに個別の設計・管理を行うため、高度な知識と多くの労力を必要としていました。「Cisco DNA」では、コントローラーから直感的な操作で、ネットワークの設定や、障害の原因特定・対策を容易に行うことが可能になり、加えて運用コストの削減も実現します。

■「Cisco DNA」概要図

 従来はネットワーク機器ごとに個別の設計・管理を行っていましたが、Cisco DNAではコントローラーから一元的に設定・管理が行われます。その効果として、自動化や可視化が容易となり、効率化、迅速化、運用コストの削減を実現します。

 ※参考資料は添付の関連資料を参照

【背景】

 データセンター向けには自動化や仮想化に対応し、効率的なネットワーク運用を実現する製品が販売されていますが、ヒトとモノが複雑化する企業内のネットワークは、求められる機能が異なるため、これまで最適な製品がほとんど存在しませんでした。

 このため、現在でも多くの企業ではネットワーク機器ごとに個別の設計・管理を行っており、ネットワーク全体におよぶ設定変更や障害時の原因特定には、高度な知識を持った管理者と、多くの労力を必要としています。

 「Cisco DNA」は、企業内のネットワークに特化したさまざまな機能を実装し、誰もが安全で使いやすく、よりビジネスに貢献できる基盤として開発されました。ユニアデックスは、昨年4月に「Cisco DNA」の専門組織を立ち上げ、製品評価やお客さまとの共同実証実験(PoC)を通して、ノウハウを蓄積してきました。

 このたびユニアデックスは、本製品群を用いたインテグレーションサービスとサポートサービスをワンストップで提供を開始し、お客さまの業務効率の向上を支援します。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考資料

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0493457_01.jpg

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0493457_02.pdf