【新発売】お客様来店検知サービス「Arrow Concierge」を販売開始

〜スマートフォンを活用して顧客接点の高度化を実現〜

 

 株式会社アイティフォー(東京都千代田区、代表取締役社長:東川 清)は、店舗向けソリューション「Arrowシリーズ」(注1)の新製品として、お客様が店舗に来店したことを即座に検知し店内の担当営業や店員に情報を共有するサービス「Arrow Concierge(アロー・コンシェルジュ)」を2018年10月より販売開始したことを本日発表します。近年EC業界が台頭する中、直接お客様を接客するリアル店舗を持つ企業にとって、いかにしてお客様との接点を維持・強化し、また高度化するかが課題となっていますが、これを解決するのが新発売のArrow Conciergeです。お客様のスマートフォンを活用して来店を検知することで、従来ご来店に気付かなかったお客様に対しても、当システムによりタイムリーで質の高い接客が可能となります。価格は初期費用が15万円から、月額ライセンス費用が4.5万円から。当社では金融機関や百貨店や家電量販店、ホームセンターなど幅広いお客様を対象に今後1年間で10システムの販売を目指します。

■Arrow Conciergeとは?

 Arrow Conciergeとは、お客様が店舗に来店したことをリアルタイムで検知し担当営業や店員に来店情報を共有することを可能にする店舗向けのクラウドサービスです。例えば出入り口など店舗内のお客様が必ず通ると想定される場所にWi-Fiアクセスポイントを設置。事前にお客様のスマートフォンで氏名やメールアドレスなどの情報を登録いただくことで、2回目以降の来店時には、設置された場所を通過するたびにWi-Fiアクセスポイントがお客様の来店を検出しArrow Conciergeに情報を連携。担当営業や店員にお客様の来店情報をメールなどで通知します。

■Arrow Conciergeの活用例と期待される効果

 当サービスの活用方法は各企業でさまざまですが、主に2つのパターンを想定しています。1つ目は優良顧客の囲い込みソリューションです。VIPやそれに値する優良顧客、しばらく来店されていない優良な休眠顧客の来店をリアルタイムで検知し、来店情報を入手した担当営業が即座にそのお客様を接客することを実現します。さらにArrow Conciergeと店舗側の顧客管理システムと連携することで、担当営業は来店情報だけでなくそのお客様の購入履歴をその場で確認することが可能になり、より質の高いタイムリーな接客が可能になります。これによりお客様サービスの向上と売上げアップを図ることができます。2つ目は顧客行動分析ツールとしての活用で、こちらは登録したお客様がどのくらいの頻度で来店しているか、来店後どのような動線で行動しているかなど行動分析をすることで、販売戦略に活用することが可能です。

■Arrow Conciergeの価格

 価格は初期費用が15万円から、月額ライセンス費用が4.5万円から。ハードウェア費用は別途必要です。詳細は当社までお問合せください。

 (注1)Arrow シリーズとは、店舗にて販売促進の強化が可能で自社運用も実現する店舗BGM&CM「Arrow Sounds(アローサウンズ)」、デジタルサイネージ「Arrow Vision(アロービジョン)」、レジ応援や専門員呼び出しを効率的に実現する「Arrow StaffCall(アロースタッフコール)」、非可聴音を利用した電子クーポン配信システム「Arrow Coupon(アロークーポン)」のことです。

 ※参考画像・ロゴは添付の関連資料を参照

■関連製品

 ・お客様来客検知サービス「アローコンシェルジュ」

  https://www.itfor.co.jp/sol_arrowsounds/concierge.html

■株式会社アイティフォーの概要

 ・代表者:代表取締役社長 東川 清

 ・本社所在地:〒102-0082 東京都千代田区一番町21番地 一番町東急ビル

 ・事業内容:システムインテグレーター(システム構築)

 ・東証第一部(4743)

 ・URL: http://www.itfor.co.jp/

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0493397_01.png

ロゴ

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0493397_02.png