デル、Dell EMC、Secureworks

既存のボランティア休暇制度に2020年は特別休暇を追加

大規模スポーツイベント等への積極的な参加を促し最大10日間の取得が可能に

 

 デル株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:平手 智行、URL: http://www.dell.co.jp/ )、EMCジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大塚 俊彦、URL: http://japan.emc.com/ ):(以下デルまたはDell EMC)とSecureWorks Japan 株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役:ジェフ・モルツ、URL: https://www.secureworks.jp/ ):(以下 Secureworks)は本日、社員がボランティア休暇を取得する場合、2020年に限りさらに特別休暇を追加で取得でき、最大10日間の有給休暇となる特別ボランティア休暇制度を設けることを発表しました。

 デル、Dell EMC、Secureworksでは、地域社会との関係強化、およびボランティアを通じてより多様性のある人材を育成することを目的とし、すでにボランティア休暇制度を導入しています。同社では、社員の積極的なボランティア参加を推奨しており、多くの社員がこの制度をすでに利用しています。来る2020年は、東京で世界的なスポーツ大会が実施され、国際的な文化交流の機会が増え、より多くの人的リソースが必要とされることが見込まれています。政府では今年9月から12月の期間で、ボランティア人員を募集しており、同社は2020年限定の特別休暇(5日間)を新設することで、年間合計最大10日間の有給休暇を取得でき、社員が長期間のボランティアに参加できる休暇制度にしました。本制度は、デル株式会社、EMCジャパン株式会社、SecureWorks Japan株式会社の社員を対象とします。

■デル株式会社について

 デルは世界市場トップレベルのシェアを誇るエンドツーエンドのソリューション・プロバイダー、Dell Inc.の日本法人です。総合ITソリューション事業 - パソコン・モバイル端末から基幹システムやクラウドの導入支援、セキュリティサービスに至るまで包括的なITソリューションを提供。

 http://www.dell.co.jp/

■EMCジャパン株式会社について

 EMCジャパンは、情報インフラの卓越したテクノロジーとソリューションの提供を通して、日本のお客様の情報インフラの課題解決をご支援し、あらゆる規模のお客様のビジネスの継続と成長、さらにビジネス価値の創造に貢献致します。

 http://japan.emc.com/

■SecureWorks Japan株式会社について

 グローバルのサイバーセキュリティ・サービス業界をリードするSecureworks(R) (NASDAQ: SCWX)は、デジタル化が進む社会において、企業組織をサイバーの脅威から保護し続けています。

 当社は、数千社におよぶお客様から集積したデータと人工知能(AI)、そして独自のカウンター・スレット・プラットフォーム(Counter Threat Platform(TM):CTP)の自動化による可視性と、お客様の環境を保護する強固なネットワーク効果を創出する当社の卓越したリサーチャーとアナリスト集団から提供される実践的な分析結果を統合してサービスに反映させます。

 データの種別や出所を問わず集積・分析を行うことで、セキュリティ侵害の防御、悪意ある活動のリアルタイムによる検知、深刻化する脅威の迅速な対応と予見を実現し、サイバーの脅威への対抗策をお客様に提供します。

 https://www.secureworks.jp/

 (C)Copyright 2018 Dell Inc.、その関連会社。All Rights Reserved.

 Dell, EMC,及びDell, EMCが提供する製品及びサービスにかかる商標は、米国 Dell Inc. 又はその関連会社の商標又は登録商標です。その他の製品の登録商標および商標は、それぞれの会社に帰属します。