NXP、高性能Arm Cortex-M33/DSPを採用し、4.5MBオンチップSRAM搭載のクロスオーバー・プロセッサを発表

i.MX RT600、ディープ・エンベデッド機械学習と次世代ローカライズ音声アシスタント向けに消費電力、性能、メモリの最適バランスを実現

 

 NXP Semiconductorsは超低消費電力セキュア機械学習(ML)/人工知能(AI)エッジ・アプリケーション向けに、高性能ファー・フィールド音声入力とイマ—シブな(没入型)3Dオーディオ再生機能を搭載した画期的なクロスオーバー・プロセッサ・ファミリ i.MX RT600を発表しました。

 i.MX RT600は最大300MHzのArm(R) Cortex(R)-M33と4個のMACS/ハードウェアベースの超越的なアクティベーション機能を備えた600MHz Cadence(R) Tensilica(R) HiFi 4 オーディオ/ボイス・デジタル・シグナル・プロセッサ(DSP)を特長とするマルチコア・クロスオーバー・プロセッサ・ファミリです。i.MX RT600は28nm FD-SOI技術を採用し、同時ゼロウェイト・ステート・アクセス向けに構成された4.5MBオンチップ低リークSRAM搭載高性能コアをサポートしており、オーディオ/ボイス、機械学習、ニューラルネットワークベース・アプリケーションのリアルタイム実行に最適です。

 i.MX RT600ファミリは不変のハードウェア「root-of-trust」を備えたセキュア・ブート、SRAM Physically Unclonable Function(PUF)ベースのユニークなキー・ストレージ、認証ベースのセキュアなデバッグ認証、AES-256&SHA2-256 アクセラレーション、セキュアなクラウド・エッジ間通信のためのDICEセキュリティ標準実装などのベンチマーク・セキュリティ機能を統合しています。公開鍵インフラストラクチャ(PKI)あるいは非対称暗号化は、ECC/RSAアルゴリズム向けの専用非対称アクセラレータによりさらに加速されます。SRAM PUFに加え、i.MX RT600はセキュア・ブート/暗号動作のためにオプションのヒューズベース・ルート・キー・ストレージ・メカニズムも搭載しています。

 Arm Cortex-M33の主要機能の1つは専用コプロセッサ・インターフェースで、密接合コプロセッサの効率的な統合とフル・エコシステムとツールチェーンの互換性維持を可能にすることにより、CPUのプロセッシング機能を拡張します。NXPは畳み込み、相関、行列演算、伝達関数、フィルタリングなどの主要ML/DSP機能を加速するコプロセッサを実装するためにこうした機能を活用し、Arm Cortex-M33上での通常の実行に比べ、10倍もの性能向上を実現しました。コプロセッサはさらに、カスタマー・コード・ポータビリティを簡素化するため、定評あるCMSIS-DSP ライブラリ・コール(API)を活用しています。

 オンチップSRAMはルーティンを確実にするため、メモリの30の共有コンフィギュラブル・ブロック内へのパーティションが可能で、I/Oとバス時間の競合が発生せず、電力効率が向上します。個々のパーティションはリーク低減のため、低消費電力リテンション・モードでの独立配置あるいは完全な電源オフが可能です。HiFi 4は64Kの密接合インストラクション/データ・メモリ(TCM)のほか、共有SRAMからの実行のために最適化されたインストラクションとデータ・キャッシュを備えています。また、オンザフライ複号化エンジンと8KBキャッシュにより最適化されたクワッド/オクタル SPI フラッシュ・インターフェースを通じた追加のオフチップ・メモリ拡張も提供されます。

 新クロスオーバー・プロセッサ・ファミリは最大8個のDMIC チャネルに対するサポート、音声起動検出(VAD)向けハードウェア、最大8個のI2Sペリフェラルを備えたオーディオ/ボイス・サブシステムも内蔵しています。追加ペリフェラルはワイヤレス通信向け SDIO、オンチップ PHY搭載高速USB、温度センサ付き12ビット ADCのほか、50Mbps SPI、I3C、6個のコンフィギュラブル・シリアル・インターフェース(USART、SPI、I2CまたはI2S)など多数の個別FIFO搭載シリアル・インターフェースや、DMAサービス・リクエスト・サポートなどで構成されています。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0493157_01.pdf